ありがとうが言える人の育ち方を同じ境遇の男女32人に聞いてみた!

ありがとうが言える人の育ち1 人のタイプ

「ありがとう」という言葉は単なる礼儀以上の意味を持ちます。この言葉が自然に口にできる人々は、どのような環境で育ったのでしょうか?この問いに答えるために、様々な家庭環境、教育、体験を通じて感謝の心がどのように育まれるのかを探求していきます。

それぞれの体験談を通して、「ありがとうが言える人の育ち方」に共通する要素を見つけ出し、それぞれの背景や教育、体験がいかにして感謝の心を育んでいるのかを紐解いていきましょう。これらの体験談は、感謝を育む環境についての洞察を提供し、私たち自身の人生における感謝の意味を再考する機会を与えてくれます。

ありがとうが言える人の育ち16選 32人口コミ体験談 アンケート調査

WEBアンケート調査109件&口コミ体験談の中から特徴・心理・性格・方法などを検証し、コラム+みんなの口コミ体験談32件、アンケートをまとめました。ランキング形式にてピックアップしました。

アンケート

あなたが「ありがとう」を言う際に感じる気持ちはどれに近いですか?

1. 家庭内で感謝の言葉を頻繁に使用

私たちの日常生活において、「ありがとう」という言葉は非常に強力な意味を持ちます。特に家庭内でこの言葉を頻繁に使うことは、家族間の絆を強めると同時に、感謝の心を育てる基盤となります。感謝の言葉を日常的に使う家庭環境は、子どもたちにとって自然と他者を思いやる心を育む場となります。このような家庭で育った子どもたちは、社会に出てからも自然と周囲の人々に感謝の気持ちを表現できるようになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

家では、「ありがとう」という言葉がとても大切にされていました。毎日の食事の時、家族が集まると、必ず誰かが「今日も美味しいご飯をありがとう」と言っていました。これは私にとって非常に自然なことで、親からの愛情を感じる瞬間でもありました。そういった環境が、私が他人に対して感謝の気持ちを自然と表現することに大きく貢献していると思います。30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

私の家では、小さいころから親が常に感謝の言葉を口にしていました。例えば、父が仕事から疲れて帰ってきても、母は「今日も一日、お疲れさま」と優しく声をかけていました。そのような日常の中で、私も自然と感謝の言葉を人に伝えるようになりました。この習慣は今でも私の人間関係に大きく影響していると感じています。20代後半、男性

2. 両親からの愛情とサポートが豊か

子どもが両親から受ける愛情とサポートは、その子の人格形成において非常に重要な役割を果たします。両親の無償の愛は、子どもに安心感と自信を与え、他者への感謝の気持ちを育む土壌を作ります。愛情深い家庭で育った子どもは、大人になってからも他人に対して優しく接することができ、感謝の気持ちを自然と表現することが多くなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

育った家では、両親から常にたくさんの愛情とサポートを受けていました。私が何かに挑戦するたびに、両親は私を全力で応援してくれました。そして、成功した時だけでなく、失敗した時も「頑張ったね」と励ましてくれました。そんな両親からの愛情に対する感謝の気持ちが、私が他人に対して感謝する心を持つ大きな理由だと思います。30代中盤、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

母は、私が小さなことに成功するたびに、心から喜んでくれました。そして、いつも「あなたのおかげで幸せよ」と言ってくれました。これらの言葉は私にとって非常に大きな意味を持ち、母への感謝の気持ちが深く根付いています。この感謝の気持ちは、私が他人に対しても同じように感謝の心を持つことにつながっていると思います。20代前半、女性

3. 礼儀やマナーを重んじる教育

礼儀やマナーを重んじる教育は、子どもたちに対する人間関係の基本を教える上で非常に重要です。このような教育を受けた子どもたちは、他人に対して敬意を持ち、自然と「ありがとう」という感謝の言葉を口にすることが多くなります。社会に出たときにも、このような礼儀は他人からの信頼を得るための大切な要素となります。

口コミ体験談
口コミ体験談

幼い頃から、両親は常に礼儀を教えてくれました。食事の前には必ず手を合わせて「いただきます」と言い、食後には「ごちそうさまでした」と言うことが日常でした。このような小さな習慣が、感謝の気持ちを自然と身につけることにつながりました。今では、何かをしてもらったときには、無意識に「ありがとう」と言っています。30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

子どもの頃、家庭内でのマナーを厳しく教えられました。特に「ありがとう」という言葉の重要性を、両親は強調していました。おかげで、他人に対して自然と感謝を示すことができるようになり、これが多くの人との良好な関係を築く基盤になっています。20代後半、男性

4. 多様な社会経験や人との交流

多様な社会経験や人との交流は、個人の視野を広げ、異なる価値観を理解する機会を提供します。このような経験を積むことで、人々は他者に対して感謝の気持ちを持ちやすくなります。異なるバックグラウンドを持つ人々との交流は、感謝の心を育む素晴らしい機会となります。

口コミ体験談
口コミ体験談

大学時代、留学生との交流が多かったことが、私の人生観を大きく変えました。異なる文化や価値観を持つ人々との出会いは、様々なことに対して「ありがとう」と感じる機会を増やしました。私が他者に対して感謝を示すことの重要性を理解するきっかけになりました。20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

学生時代にボランティア活動に参加したことが、私の価値観に大きな影響を与えました。異なる環境や立場にいる人々と接する中で、「ありがとう」という言葉の重みを深く理解するようになりました。感謝の気持ちを人に伝えることの大切さを教えてくれました。30代前半、男性

5. 困難を乗り越える経験

人生で直面する困難や挑戦を乗り越える経験は、人間としての成長に不可欠です。これらの経験を通じて、「ありがとう」という言葉の真の意味を理解し、他者への感謝の気持ちを深めることができます。困難を経験した人は、助けてくれる人々やその支援に対して、より強い感謝の感情を持つようになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

高校時代、部活動で厳しいトレーニングに耐えたことが、感謝の心を育てる大きなきっかけとなりました。仲間やコーチのサポートがなければ成し遂げることができなかったと実感し、「ありがとう」という言葉が持つ重みを深く理解するようになりました。20代後半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

若い頃、起業して失敗した経験があります。その時、多くの人に助けられ、「ありがとう」の一言では言い表せないほどの感謝を感じました。他者に対する深い感謝の心を育むことに大きく寄与しました。30代前半、女性

6. 親からの信頼と自立を促す態度

子どもに対する親の信頼と自立を促す態度は、子どもが社会人として成長する上で重要な要素です。親が子どもを信頼し、自立を促すことで、子どもは自己責任を学び、他者への感謝の心を持つようになります。このような環境で育った子どもは、大人になってからも他者に対して感謝の気持ちを自然と表現することが多いです。

口コミ体験談
口コミ体験談

両親は私が小さい頃から、自分で決断することを尊重してくれました。このような環境が、自己責任を重んじる心を育て、「ありがとう」という感謝の気持ちを自然に人に伝えるようになりました。30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

自立を促す家庭環境のおかげで、自分の選択とその結果に責任を持つことを学びました。親への信頼と感謝の気持ちが深く根付き、他人に対する感謝の心も自然と育まれました。20代後半、女性

7. 文化的、教育的な背景が豊か

文化的、教育的な背景が豊かな家庭環境は、子どもの感性や視野を広げ、豊かな人間性を育むのに役立ちます。このような環境で育った子どもは、多様な価値観や考え方に触れることができ、他者への理解と感謝の気持ちが深まります。

口コミ体験談
口コミ体験談

幼い頃から、両親は様々な文化や芸術に触れさせてくれました。美術館やコンサートへの家族旅行は、私の心を豊かにし、「ありがとう」という感謝の気持ちを表現することの大切さを教えてくれました。30代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

両親は私に様々な教育機会を提供してくれました。特に、異文化交流のプログラムに参加させてくれたことは、私の人生観に大きな影響を与えました。異なる文化や価値観を理解する中で、「ありがとう」という言葉の深い意味を学びました。20代後半、男性

8. コミュニケーションスキルの重視

コミュニケーションスキルを重視する家庭は、子どもたちが他者との良好な関係を築くための基礎を提供します。効果的なコミュニケーションは、感謝や敬意を表現する上で不可欠な要素であり、これを学ぶことは他者への感謝を伝える力を育むことに繋がります。

口コミ体験談
口コミ体験談

両親はいつも、言葉遣いや話し方に注意を払っていました。家庭内での会話では、感謝の言葉を適切に使うことが常に強調されていたのです。「ありがとう」という単純な言葉が、人との関係を深める力を持っていることを、私は家庭で学びました。30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

私の家では、感謝の言葉を正しく伝えることが重要視されていました。これにより、人とのコミュニケーションにおいて「ありがとう」という言葉の重要性を深く理解することができました。この習慣が、他人への感謝を表現する力を育ててくれたと思います。20代後半、女性

9. 他者への思いやりと共感力

他者への思いやりと共感力は、感謝の心を育む上で非常に重要な要素です。これらの感情を持つ人は、自然と周りの人へ「ありがとう」と感謝の言葉を伝えることができます。他人の気持ちを理解し、共感することで、人間関係がより深く、豊かになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

幼い頃から、両親は他人への思いやりを教えてくれました。友達や先生、家族に対しても、いつも感謝の気持ちを忘れないようにと言われていました。この教えが、自分の中で自然と「ありがとう」と感謝の言葉を伝える習慣になっています。30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

学生時代、学校でのグループ活動を通じて、他者への思いやりの大切さを学びました。困っている仲間を助けたり、助けられたりする中で、「ありがとう」という言葉の重みを実感しました。他人に対する共感力を育て、感謝の気持ちを自然と表現できるようになりました。20代後半、男性

10. 多くのボランティア活動への参加

ボランティア活動への参加は、他者への奉仕の精神を育て、感謝の心を強める経験となります。ボランティアを通じて、他人のために時間や労力を捧げることの意義を理解し、その中で「ありがとう」という言葉の真の価値を学びます。

口コミ体験談
口コミ体験談

大学時代にボランティア活動に積極的に参加していました。災害支援や社会福祉の活動を通じて、多くの人から「ありがとう」と言われる経験をしました。人への感謝の気持ちをより深く理解するきっかけとなりました。30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

中学生の頃から地域のボランティア活動に参加していました。高齢者の方々との交流や地域清掃などを通じて、感謝される喜びと、「ありがとう」と言われることの大切さを学びました。このような活動が、他人への感謝の心を育てる助けになっています。20代前半、女性

11. 親子間での率直な会話

親子間での率直な会話は、お互いの理解を深めると共に、感謝の気持ちを素直に表現する土台を作ります。家庭内で開かれたコミュニケーションがあれば、子どもは自分の感情を自然に表現することができるようになり、「ありがとう」という言葉を心から伝えることができます。

口コミ体験談
口コミ体験談

家族との会話ではいつも正直な気持ちを共有していました。喜びも悲しみも、そして感謝の気持ちも。このように率直に気持ちを伝え合うことで、「ありがとう」という言葉に真実味が増し、人間関係がより深いものになりました。30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

両親とはいつも何でも話し合える関係でした。そのため、日常的に「ありがとう」と感謝の言葉を交わしていました。親子間のこのようなコミュニケーションが、他人に対しても同じように感謝を表現する力を育てました。20代後半、男性

12. 責任感と自己管理能力の育成

責任感と自己管理能力を育成する環境は、子どもが社会に出てから自立し、他者に対して感謝の気持ちを持つための基盤を作ります。これらの能力を持つ人は、自分の行動や決断に責任を持ち、その過程で他人の支援や協力に対する感謝の心を深めます。

口コミ体験談
口コミ体験談

幼い頃から両親は、自分の行動に責任を持つことを強調していました。自分で決めたことには自分で責任を持つという教えが、他人への感謝の気持ちを育む大切な要素となりました。「ありがとう」という言葉は、そうした教育の中で自然に身についたものです。30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

小さい頃から、自分の部屋の片付けや宿題管理など、自己管理を徹底していました。この習慣が、責任感を育て、他人の助けに対して「ありがとう」と心から感謝することにつながりました。20代後半、女性

13. 失敗を受け入れ、学ぶ環境

失敗を受け入れ、そこから学ぶ環境は、人間としての成長に欠かせないものです。このような環境で育った人は、失敗を恐れずに挑戦する勇気を持ち、周囲の人々への感謝の気持ちを深めることができます。失敗から学ぶことで、「ありがとう」という言葉の真の価値を理解し、他者への感謝を自然に表現できるようになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

子どもの頃、失敗を恐れずに様々なことに挑戦することを両親は奨励していました。失敗しても、「次はもっと良くできるよ」と励ましてくれた両親への感謝が心に深く刻まれています。人への感謝の心を育てる大きな要素になりました。30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

学校でのプロジェクトで失敗した際、先生やクラスメートからの支援を受けました。その時の「ありがとう」という言葉は、ただの礼儀ではなく、心からの感謝の気持ちを表していました。他者への感謝を自然に表現する力を育てました。20代後半、男性

14. 自尊心と他者尊重のバランス

自尊心を持ちつつ他者を尊重するバランスは、健全な人間関係の基礎を作ります。自分を大切にし、同時に他人を尊重することができる人は、自然と「ありがとう」と感謝の言葉を伝えることができます。このバランスがあることで、他者への敬意と感謝の気持ちが育ちます。

口コミ体験談
口コミ体験談

自分自身を尊重することを学びつつ、他人を尊重することの大切さも両親から教えられました。このバランスが、人間関係において「ありがとう」という言葉を自然に使う礎になっています。30代中盤、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

家庭内で自分の意見を尊重され、同時に他者への尊重も教えられました。この環境が、自尊心と他者尊重のバランスを理解する助けとなり、人への感謝を表す「ありがとう」という言葉を自然に使うようになりました。20代前半、女性

15. 経済的な安定と心の豊かさ

経済的な安定と心の豊かさがある環境は、感謝の心を育む上で重要な要素です。物質的に満たされた生活だけでなく、心の充実も重要であり、このバランスが取れた環境で育った人は、他人への感謝を自然に表現することができます。

口コミ体験談
口コミ体験談

両親は経済的に私たちに安定した環境を提供してくれましたが、それ以上に心の豊かさを大切にしていました。物質的なものだけでなく、家族との時間や感謝の気持ちを大切にすることを学びました。この教えが、人への「ありがとう」という言葉を自然に伝える力に繋がっています。30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

家庭での経済的な安定は、私に多くの経験をさせてくれました。しかし、両親は常に心の豊かさを最も大切にすることを教えてくれました。このバランスの取れた生活が、他者への感謝の心を育む基礎となりました。20代後半、男性

16. 親の模範的な振る舞いと指導

親の模範的な振る舞いと指導は、子どもの人格形成に大きな影響を与えます。親が示す行動や態度は、子どもにとって最も身近な手本となり、これを通じて感謝の心や他者への尊敬の気持ちを学びます。

口コミ体験談
口コミ体験談

両親はいつも他人に対して礼儀正しく、思いやりのある態度を取っていました。このような親の振る舞いを見て育った私は、自然と「ありがとう」という言葉を大切に使うようになりました。親から学んだこの態度が、私の人間関係を豊かにしています。30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

私の父はいつも周りの人々に対して温かく接していました。彼のこのような振る舞いが、私にとって大きな影響を与えました。父から学んだ感謝の気持ちを表す大切さが、「ありがとう」という言葉の重要性を私に教えてくれました。20代後半、女性

まとめ

感謝の心が育つ環境には多様な要素が関わっていることが明らかになりました。これらの体験談からは、感謝の心は自然に生まれるものではなく、日々の生活の中で育まれるものであるということが理解できます。

感謝を育むためには、日常の小さな瞬間に意識を向け、周囲の人々や環境に対する感謝の気持ちを持つことが大切です。このような感謝の心があれば、人間関係がより深く豊かになり、社会全体がより温かいものになるでしょう。

人のタイプ
シェアする
トクチラボ