お金がない貧乏家庭の特徴16選&プラスにとらえた32人体験談も紹介

お金がない貧乏家庭 人のタイプ

私たちの生活には、さまざまな形態があります。その中でも特に、「お金がない」という状況は多くの家庭に影響を与え、日常生活において異なる経験や挑戦をもたらします。ここでは、「お金がない 貧乏家庭の特徴」というテーマで、そういった家庭で育った人々の実体験に基づく様々な側面を探求します。

これらの体験談を通じて、経済的な困難が個人の成長、価値観の形成、家族間の関係にどのような影響を与えるのかを深く掘り下げてみたいと思います。お金がない状況で育った人々が直面した挑戦や、その中で培われたスキルや価値観には、私たちが学ぶべき多くの教訓が含まれています。

お金がない貧乏家庭の特徴116選 32人口コミ体験談 アンケート調査

WEBアンケート調査107件のアンケート&口コミ体験談の中から特徴・心理・性格を検証し、コラム+みんなの口コミ体験談32件、アンケートをまとめました。ランキング形式にてピックアップしました。

アンケート結果

経済的な困難のある家庭の子どはハンデがあるか?

1. 食事は基本的に自炊で外食はほとんどなし

家庭での食事といえば、一般的に経済的な自炊が主流です。お金がない家庭では外食は贅沢品とされ、日々の食卓は手作りの料理が中心となります。そのため、食材選びには特に注意が払われ、コストパフォーマンスの高いものが選ばれがちです。このような環境では、子供たちも食事の準備や料理に関わる機会が多くなり、家族の絆を深める一因ともなるのです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家庭では、外食は年に数回の特別なイベントのみでした。普段は母が丹精込めて作った手作り料理がメイン。安い食材を使いながらも、工夫を凝らした母の料理は今思い出しても温かい気持ちになります。週末は一緒に市場に行き、どの食材が一番コストパフォーマンスがいいか学ぶのが私の楽しみでした。」:40代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、普段の食事はほぼ自炊でした。お金がないため、外食はほとんどなく、家での食事が日常。母は限られた予算の中で、いつも美味しい料理を作ってくれました。特に母の作るハンバーグは絶品で、今でもその味が忘れられません。家庭の経済状況が厳しい中で、食事の時間が家族の大切な絆を深める時間となっていたのだと思います。」:30代中盤、男性

2. 古着や手作りの服を着ることが多い

お金がない家庭では、新しい服を購入することは稀で、古着や自宅で作った服が多くなります。古着屋やフリーマーケットでの掘り出し物探しは、一種の冒険となり得ます。また、手作りの服は家族の愛情が込められ、子供にとって特別な思い出となることが多いです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では新しい服を買うことはほとんどありませんでした。ほとんどが古着や母が作った服。でも、それが逆に私のセンスを磨くことに。古着屋で自分だけのお気に入りを見つけるのが楽しみでしたし、母の作る服は周りの子とは違っていて、特別な存在でした。自分だけの個性的なスタイルを持つことができ、今振り返るとそれが大きな自信につながっていたように思います。」:30代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「我が家では、お金がないため、新しい服を買うのは稀でした。服は母が作ったものか、兄からのお下がりがほとんど。初めは少し恥ずかしく感じていましたが、母の愛情を感じる手作りの服は今となっては大切な宝物です。自分で服を作ることで、ファッションに対する感覚も磨かれたように思います。」:20代中盤、男性

3. 家庭の家電製品が古いか修理されたもの

お金がない家庭では、最新の家電を購入することは難しく、家にある家電は古いモデルや修理されたものが多いです。新しい家電に買い替える代わりに、長く使えるように手入れをすることが大切とされています。このような状況では、子供たちは物を大切にする心と、修理する技術を自然と身につけることになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないため、家電はどれも古いモデルばかりでした。壊れたら父が修理して使い続けるのが当たり前。それができない場合は、中古品を探すことに。子供の頃は周りの友達との違いにコンプレックスを感じていましたが、今では物を大切にする心と、何でも自分で修理する力を身につけることができました。」:40代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「我が家の家電製品は、ほとんどが祖父母の代からのものか、修理して使っているものでした。新しい家電を買うお金がないため、母はいつも工夫をして長持ちさせる方法を考えていました。テレビも冷蔵庫も古いですが、それが逆に家族の絆を深めるきっかけになったように思います。」:30代中盤、女性

4. 学校の行事や遠足に参加しないことが多い

経済的な理由で、学校の行事や遠足に参加できない子供たちもいます。お金がないために必要な費用を捻出するのが難しく、他の子供たちと同じ経験をすることができないことも。これは子供にとって大きなストレスとなることもありますが、その一方で家庭での時間を大切にし、家族との絆を深める機会にもなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないため、学校の行事や遠足にはあまり参加できませんでした。そのため、友達との会話についていけないことが多く、孤立感を感じることもありました。しかし、その分家での時間が増え、家族と過ごす時間が多くなりました。家族との会話や共同作業が今の私の大切な思い出です。」:30代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「学校の行事や遠足は、いつもお金がないために参加を諦めることが多かったです。当時はとても悔しい思いをしましたが、その代わりに家で母と過ごす時間が増え、料理や家事を学ぶ良い機会になりました。家族との絆が深まる大切な時間だったと今では感謝しています。」:20代前半、男性

5. お小遣いがほとんどないか全くない

お金がない家庭では、子供たちにお小遣いを渡すのも難しいことがあります。そのため、子供たちは早い段階で金銭の価値や節約の大切さを学ぶことになります。また、お小遣いを自分で稼ぐためにアルバイトを始めるなど、自立心が育まれる機会にもなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないため、お小遣いはほとんどありませんでした。そのため、高校生になると自分でアルバイトを始めました。お金の大切さや自分で稼ぐことの意義を早くから学ぶことができ、今ではそれが大きな財産になっています。」:30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家の経済状況が厳しく、お小遣いをもらうことはほぼありませんでした。しかし、そのおかげでお金の管理や節約の重要性を学び、経済的に自立する力を身につけることができました。」:20代後半、男性

6. 家が狭く部屋数が少ない

経済的な理由で、家が狭く部屋数が少ない家庭も少なくありません。限られたスペースでの生活は、家族間のコミュニケーションを密にし、互いの理解を深める機会にもなります。また、スペースの限りがある中での収納術や整理整頓の技術も身につきます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家はとても狭く、部屋数も少なかったので、家族みんなで生活スペースを共有していました。お金がない中での暮らしが、家族の絆を強くし、お互いを理解するきっかけになりました。また、限られたスペースでの生活は、整理整頓のスキルも身につけさせてくれました。」:40代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家が狭く、自分の部屋がないため、家族との距離がとても近かったです。それが時には窮屈さを感じることもありましたが、家族みんなで支え合う大切さを学びました。お金がないことが、結果的に家族の絆を深めることに繋がったと思います。」:20代中盤、男性

7. 親が複数の仕事を掛け持ちしている

お金がない家庭では、生計を立てるために親が複数の仕事を掛け持ちしているケースが少なくありません。忙しい日々の中で、子供たちは自立心を養い、家族のために協力することの大切さを学びます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないため、父も母も複数の仕事をしていました。忙しい彼らを見て、私も早くから家事を手伝うようになりました。それが自分の自立心を育て、家族への協力意識を高めるきっかけになりました。」:30代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「我が家では、お金を稼ぐために両親がいくつもの仕事をしていました。家にいる時間が少なく、その分私たち兄弟が家事や面倒を見ることが多かったです。家族のために何ができるか、早い段階で学ぶことになりました。」:20代前半、男性

8. バーゲンやセールを狙って買い物

経済的に厳しい家庭では、日用品や衣服などの必需品を購入する際に、バーゲンやセールを利用することが多いです。これは、限られた予算の中で最大限に物を手に入れるための賢い戦略と言えます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家ではお金がないため、必要な物はいつもセールやバーゲンを狙って買いました。それが家計を助ける大切な方法だと教えられました。おかげでお得に買い物をするコツを身につけることができました。」:40代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私たちの家では、お金を節約するためにバーゲンやセールでの買い物が常でした。限られたお金の中でどうやって最適に使うか、その経験が今の私の節約術の基礎になっています。」:30代前半、男性

9. ブランド物や流行のアイテムを持っていない

お金がない家庭では、ブランド物や最新の流行アイテムを手に入れるのは難しいです。子供たちは流行を追う代わりに、自分のスタイルを見つけることが求められます。この経験は、物に流されない独自の価値観を育む機会になります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家ではお金がなかったため、ブランド物や流行のアイテムはほとんど手に入れられませんでした。しかし、そのおかげで自分なりのスタイルを見つけることができ、物に流されない強い価値観を持つことができました。」:30代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないために流行のものを買うことはほとんどありませんでした。当時はそれがとても悔しかったですが、今では自分だけの個性を大切にすることができるようになりました。」:20代中盤、男性

10. おもちゃやゲーム機が少ないまたはなし

経済的に厳しい状況の家庭では、子供のおもちゃやゲーム機は限られた数になりがちです。しかし、これが子供たちの創造力や自分で遊びを見つける力を育むきっかけになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家でお金がなかったため、おもちゃやゲーム機はほとんどありませんでした。その代わり、自然の中で遊んだり、手作りのおもちゃで遊ぶことが多かったです。これが私の創造力を豊かにしました。」:40代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないためにおもちゃやゲーム機をたくさん持つことはできませんでした。でも、それが逆に自分で遊びを考える力を養うことになりました。今ではその経験が、さまざまなことに対する創造的なアプローチをする力になっています。」:30代中盤、男性

11. 自転車や車は中古か古いモデル

お金がない家庭では、自転車や車も新品を購入することは難しいため、中古や古いモデルが多くなります。しかし、これが子供たちに物を大切にする心や、メンテナンスの技術を身につけさせるきっかけとなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「我が家では、お金がないため、自転車や車はいつも中古のものでした。新しいものを羨ましく思うこともありましたが、そのおかげで物を大切にする心が育ちました。また、古い自転車や車の修理を父と一緒にすることで、多くの技術も学ぶことができました。」:30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がなくて新しい車を買うことはできませんでした。だから、家にある車はいつも古いモデル。それがきっかけで、自分で車をメンテナンスする方法を学びました。」:20代後半、女性

12. 旅行やレジャーに行くことがほとんどない

経済的に余裕がない家庭では、旅行やレジャーに出かける機会も限られています。しかし、これが家族で近場の公園や自然を探索する機会を生み出し、家族の絆を深める時間となります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家ではお金がなかったため、旅行やレジャーに行くことはほとんどありませんでした。でも、その代わりに家族で近くの公園や自然を探索することが多かったです。これが家族との絆を深める貴重な時間となりました。」:40代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないため、旅行に行くことは稀でした。でも、その分、家族で地元の自然を楽しむことが多く、それが今では大切な思い出となっています。」:30代前半、男性

13. 誕生日やクリスマスのプレゼントが簡素かない

お金がない家庭では、誕生日やクリスマスのプレゼントも簡素になりがちです。しかし、物質的な価値にとらわれないお祝いの仕方が家族間の愛情を深め、創造力豊かな祝い方を考えるきっかけになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「お金がないため、誕生日やクリスマスのプレゼントはほとんどありませんでした。でも、その分、家族で手作りの飾りを作ったり、一緒に料理を作ることで、特別な日を祝いました。これが私たち家族の愛情を深める大切な時間になっていました。」:40代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「誕生日やクリスマスのプレゼントは簡素なものでした。お金がないため、贅沢なものは期待できませんでしたが、家族と一緒に過ごす時間が、それ以上の価値があると感じていました。」:20代前半、男性

14. 学校の制服や体操服が中古または他の子からのお下がり

経済的な理由で、学校の制服や体操服も新品ではなく、中古や他の子からのお下がりを利用することがあります。これは家計を助ける重要な方法であり、物を大切にする心を育む機会となります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「お金がなかったため、学校の制服や体操服はいつも中古かお下がりでした。最初は恥ずかしいと感じていましたが、それが物を大切にする心を育てるきっかけになりました。」:30代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないために新しい制服を買うことができませんでした。だから、学校の制服はいつも兄のお下がり。当時は少し嫌だったですが、今では物を大切にする心が育ったと感謝しています。」:20代後半、男性

15. 子供の習い事や塾に通っていない

経済的な理由で、お金がない家庭では子供を習い事や塾に通わせることが難しくなります。しかし、この状況が子供自身の自学自習能力を高め、独自の学び方を見つけるきっかけになることもあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家ではお金がなかったため、習い事や塾には通えませんでした。その代わり、図書館で勉強したり、インターネットで学ぶことが多かったです。これが私の独学の力を育て、自分の興味に基づいて学ぶ習慣をつけることになりました。」:40代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、お金がないために塾や習い事はできませんでした。しかし、その分、自宅で自分で勉強する時間が増え、自分で学ぶ力を養うことができました。」:30代中盤、男性

16. 家庭内での節約が常に話題に上る

お金がない家庭では、日常的に節約の話題が家庭内で頻繁に上がります。節約方法や資源の有効活用など、家計を守るための知恵が共有され、家族全員で協力して節約を心掛ける習慣が身につきます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家ではお金がないことが常に話題でした。電気や水の使用を節約する方法、安くて栄養のある料理のレシピなど、家族みんなで節約の知恵を出し合っていました。この経験が、今の私の節約意識を形成する基礎となりました。」:30代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、節約は日常の一部でした。お金がない中で、どうやって家計をやりくりするかがいつもの話題。このおかげで、無駄遣いをしない習慣と節約の重要性を学びました。」:20代前半、男性

まとめ

このシリーズの体験談を通じて、お金がない家庭で育った人々が経験した困難、挑戦、そして成長について深く理解することができました。経済的な制約は確かに多くの面で限界を課しますが、それは同時に創造力、自立心、家族の絆といった価値あるものを育む機会をもたらすことも明らかになりました。物質的な豊かさが限られていたとしても、節約、資源の有効活用、自己学習の力といった生きるための重要なスキルを身につけることができるのです。これらの体験談は、家庭環境がどのように個人の成長に影響を与えるか、そして困難な状況の中でどのようにして前向きな結果を生み出すことができるかを示しています。私たちは、これらの話から、物質的な豊かさ以外の人生の豊かさを見出すヒントを得ることができるでしょう。

人のタイプ
シェアする
トクチラボ