感じ悪い人の特徴心理16選!対応や接し方男女32人体験談も紹介!Q:関わらない?気にしない?

感じ悪い人の特徴心理 人のタイプ

私たちは日常生活の中でさまざまな人と出会いますが、中には「感じ悪い」と思われる人もいます。そんな人たちの特徴や行動を理解し、自分自身の行動を振り返る機会にもなるでしょう。感じ悪いとされる人の特徴には、自己中心的な態度や他人への配慮の欠如などがあります。これらの特徴を通して、私たちは人間関係を築く上での大切なポイントを学ぶことができます。以下に、様々な人から聞いた「感じ悪い人」の具体的な体験談を紹介します。これらの体験談は、日常生活におけるさまざまな場面での人間関係の問題点を浮き彫りにし、私たち自身がどのように振る舞うべきかを考えるきっかけを提供してくれるでしょう。

感じ悪い人の特徴心理16選 32人口コミ体験談+アンケート調査

WEBアンケート調査109件のアンケート&口コミ体験談の中から特徴・心理・性格を検証し、コラム+みんなの口コミ体験談32件、アンケートをまとめました。ランキング形式にてピックアップしました。

アンケート結果 感じ悪い人の対応は?関わらない?気にしない?

感じ悪い人の対応は?関わらない?気にしない?

1. 自己中心的な発言が多い

自己中心的な発言は、コミュニケーションにおいて非常に感じ悪い印象を与えます。これは、相手の感情や状況を無視し、自分自身の思いや要求を一方的に優先する態度を指します。特に職場や日常生活における対人関係で、このような特徴を持つ人はしばしば周囲からの信頼を失い、人間関係においてトラブルの原因となることが多いです。自己中心的な人は、自分の意見や立場だけが正しいと考え、他者の意見を軽視する傾向にあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「先日、職場で大きなプロジェクトに取り組んでいた際、ある同僚が非常に自己中心的な態度で困りました。この同僚は、いつも自分の意見や立場を強く主張し、他のメンバーの提案や意見を一切聞かず、自分の思い通りに物事を進めようとするんです。そのため、チーム内での意見の不一致や衝突が頻繁に発生し、プロジェクトの進行に支障をきたしてしまいました。『私が最も忙しい、私のやり方が最も効率的だ』という彼の姿勢は、チームワークを大きく損なうもので、感じ悪いと感じざるを得ませんでした。」:30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人との飲み会での出来事です。話題が一人の友人の仕事の話になった際、彼は他の人が話そうとしても自分の話題に引き戻すんです。まるで自分の経験や成果が一番重要で、他の人の話はどうでもいいかのような態度をとっていました。彼のこのような自己中心的な態度は、周囲の人々を不快にさせ、感じ悪いと思われていることに気づいていないようでした。」:20代後半、男性

2. 他人の意見を尊重しない

他人の意見を尊重しない態度は、対人関係において非常に感じ悪い印象を与えます。これは、他者の意見や感情を無視し、自己の考えを一方的に押し付けることを意味します。特にグループでの活動や議論において、このような態度は団結力を損ない、効果的なコミュニケーションの障害となります。他人の意見を尊重しない人は、他者の貢献を認めず、自分の考えを強引に通そうとする傾向にあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「会議でのことです。私たちチームメンバーが一生懸命意見を出しているのに、私たちの上司はそれを全く聞く耳を持たず、自分の考えを押し通そうとしました。他のメンバーの提案や意見を一切尊重せず、自分の考えを一方的に進める態度は、チーム内での信頼を大きく損ない、感じ悪いとしか言いようがありません。」:30代中盤、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友達と旅行の計画を立てていた時のことです。私がいくつか提案をしたのですが、一人の友人がそれを完全に無視して、自分が考えたプランを一方的に押し通しました。他の人の意見や提案を全く聞かず、自分の考えだけを優先するその態度は、感じ悪いと強く感じました。一緒に楽しむ旅行の計画なのに、まるで彼女一人の旅行のようでした。」:20代後半、女性

3. 人を見下すような態度

人を見下すような態度は、対人関係において極めて感じ悪い影響を及ぼします。この態度は、他人を軽蔑するような言動や、優越感を露わにする行動を伴います。社会生活や職場環境において、このような振る舞いは人間関係を損ない、不快な雰囲気を生み出す原因となります。自分を他人よりも優れ

口コミ体験談
口コミ体験談

ていると考え、周囲を小馬鹿にするような行動は、周りの人々からの反感を買うことが多いです。

「職場での出来事ですが、上司が部下を見下すような態度をとっていて、非常に感じ悪いと感じました。例えば、ミーティングの際に部下の意見を聞くふりをしておきながら、実際にはその意見を全く尊重せず、馬鹿にするような発言を繰り返していました。このような上司の態度は、チーム内の雰囲気を悪化させ、部下のモチベーションを下げる結果となりました。」:30代前半、男性

 

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学時代の友人との再会でのことです。彼女は成功を収めた今、昔の友人たちを見下すような態度を取り始めました。『あなたたちとは違って、私はもっと大きな世界で活躍しているのよ』というような発言は、非常に感じ悪いと感じました。友人たちとの関係が壊れてしまうような、傲慢な態度は悲しいものです。」:20代後半、女性

4. 常にネガティブな発言

常にネガティブな発言をする人は、周囲の気持ちを沈め、感じ悪いと感じさせる原因となります。このような人は、どんな状況でも否定的な見方をし、悲観的な意見を繰り返します。ポジティブな環境を求める多くの人にとって、このようなネガティブな態度はストレスの源となり、避けられがちです。楽しいはずの集まりや仕事の場でも、ネガティブな発言が続くと、雰囲気が悪くなることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「趣味のサークルでのことですが、一人のメンバーが常にネガティブな発言を続けていて、みんなの気持ちを下げてしまいました。例えば、『どうせこれじゃダメだよ』『何をやっても無駄だ』などというようなことばかり。このようなネガティブな発言は、サークルの活動を楽しむ気持ちを奪い、感じ悪いと思われる原因となっていました。」:20代後半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家族の集まりでの出来事ですが、親戚の一人が常にネガティブな発言を繰り返していました。『今の世の中はどうしようもない』『若い世代はダメだ』などといった悲観的な意見ばかりで、集まりの雰囲気がとても重くなってしまいました。家族と楽しく過ごすはずが、感じ悪い空気になってしまい、残念な気持ちになりました。」:30代前半、女性

5. 人の話を遮る

人の話を遮る行為は、対話において非常に感じ悪いとされます。これは、他人の話を聞くことなく自分の意見を優先する行為であり、相手に対する尊敬の欠如を示します。特に会議やディスカッションの場でこのような行動を取る人は、他の参加者からの反感を買いやすく、協力的な環境を損なう原因となります。会話は双方向のコミュニケーションであり、相手の話を遮ることはその基本を無視する行為です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「先日の会議で、一人の同僚が他の人の話を頻繁に遮っていました。彼は自分の意見を述べる際、他の人が話していても気にせず割り込むんです。その結果、会議は混乱し、他のメンバーの意見が十分に聞けない状況になりました。人の話を遮る彼の態度は、感じ悪いと強く感じられ、チームの雰囲気を悪くしていました。」:30代後半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人とのカフェでの会話中、一人が何度も他の人の話を遮って自分の話をしました。『そうじゃなくて、こうだよ』と言って話をさえぎるんです。このような行動は、会話を楽しむことを難しくし、感じ悪いと感じる要因となります。会話はお互いに聞き合うことが大切だと思います。」:20代前半、女性

6. 無礼なジョークを言う

無礼なジョークを言う行為は、周囲の人々を不快にさせ、感じ悪いと感じられる要因となります。このようなジョークは、しばしば他人を傷つけたり、恥ずかしい思いをさせたりします。特に公の場やフォーマルな環境での無礼なジョークは、非常に不適切とされ、社会的な信用を失う原因となります。ユーモアはコミュニケーションを豊かにする要素ですが、相手を尊重する範囲内で行うことが重要です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「会社の飲み会でのことですが、ある同僚が非常に無礼なジョークを連発していました。彼のジョークは、特定の同僚をからかうものが多く、周囲は笑いながらも内心では不快に感じていました。このような無礼なジョークは、人を傷つける可能性があり、感じ悪いと思われることが多いです。」:20代後半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人とのパーティーでの出来事ですが、一人の友人が他の人の外見や行動を題材にした無礼なジョークを言いました。当の本人は面白いと思っていたかもしれませんが、実際には周囲の人々を不快にさせていました。そのようなジョークは感じ悪いと感じる人が多く、避けるべきだと思います。」:30代前半、女性

7. 人の失敗を笑う

人の失敗を笑う行為は、極めて感じ悪いとされ、人間関係を損なう原因となります。このような行動は、他人の困難や失敗を嘲笑することであり、共感や支援の精神に反します。特に職場や学校などの集団生活において、このような態度は人間関係のトラブルを引き起こすことがあります。失敗は学びの機会であり、それを笑いのネタにすることは、相手に対する敬意を欠く行為です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「職場での出来事ですが、ある同僚がプレゼンテーションでつまずいた際、他の同僚が大声で笑い、それを見ていた他の人々も笑い始めました。このような人の失敗を笑う態度は、感じ悪いと感じられ、職場の雰囲気を悪化させる原因となります。プレゼンテーションは緊張するもので、失敗を笑うことは、その人の自信を傷つける行為です。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人とのスポーツイベントでのことですが、一人の友人がうまくパフォーマンスできずに転んだ際、別の友人が大声で笑い、その様子をからかいました。このような人の失敗を笑う行為は、非常に感じ悪いと思われ、友情にもヒビを入れる原因となります。失敗は励ましや支援の対象であるべきで、笑いのネタにするべきではありません。」:30代前半、男性

8. 他人の秘密を漏らす

他人の秘密を漏らす行為は、信頼関係を大きく損なうため、極めて感じ悪いとされます。秘密を共有することは信頼の証であり、それを守ることが期待されます。しかし、このような秘密を漏らす行為は、信頼を裏切るものであり、人間関係の破壊につながります。特に親しい間柄や職場の同僚間でこのような行為が行われると、その後の関係に深刻な影響を与えることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「職場での出来事ですが、ある同僚が他の同僚のプライベートな悩みを公然と話していました。このように他人の秘密を漏らす行為は、感じ悪いと感じられ、信頼関係を崩壊させる要因となります。秘密を守ることは、尊敬と信頼の基本であり、これを軽視する態度は許されるべきではありません。」:30代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人グループの中での出来事ですが、一人の友人が別の友人の恋愛の秘密を他の人に話してしまいました。このような他人の秘密を漏らす行為は、感じ悪いと思われ、人間関係に亀裂を入れる原因となります。秘密を守ることは、友人としての信頼関係を築く重要な要素であり、その信頼を裏切る行為は避けるべきです。」:20代前半、男性

9. 嘘をつく

嘘をつく行為は、信頼関係を根底から揺るがすため、極めて感じ悪いとされます。誠実さは人間関係を築く上での基盤となりますが、嘘をつくことはその誠実さを疑わせる行為です。特に身近な関係や職場などで嘘をつかれると、その後の関係に深刻な影響を与え、信頼の回復が難しくなります。嘘は短期的には問題を避ける手段になるかもしれませんが、長期的には人間関係に悪影響を及ぼします。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人が私に重要なことについて嘘をついたことがありました。その嘘が明らかになった時、私はただただショックを受けました。友人間での信頼は非常に大切なのに、その信頼を踏みにじるような嘘をつく行為は、本当に感じ悪いと思います。その後、その友人との関係は以前のようには戻らなくなりました。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「職場でのプロジェクトで、一人の同僚が仕事の進行状況について嘘をついていました。その嘘が原因でプロジェクト全体が遅れ、チーム全体が影響を受けました。信頼を基に動く職場でのこのような嘘は、感じ悪いだけでなく、プロフェッショナルな態度とは言えません。」:30代前半、男性

10. 感謝の気持ちを表さない

感謝の気持ちを表さない態度は、周囲への無関心や非礼と受け取られ、感じ悪いとされます。感謝の表現は、他人の助けや貢献を認める基本的なマナーです。特に親しくしている人や日常生活で支えてくれる人々に対して感謝の気持ちを示さないことは、その人への敬意を欠く行為となります。感謝を表すことは、良好な人間関係を維持する上で重要な要素です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家族が私のために特別なことをしてくれた時、弟が全く感謝の意を示さず、当たり前のように受け取っていました。このように感謝の気持ちを表さない態度は、家族間でも感じ悪いと思われるものです。せっかくの親切が無視されると、悲しい気持ちになります。」:20代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「職場で頻繁にお手伝いをしていた同僚がいますが、その人は一度も感謝の言葉を口にしませんでした。助けを求めておきながら感謝の気持ちを表さない態度は、感じ悪いと感じますし、次第にその人への協力的な気持ちも失われていきました。」:30代中盤、男性

11. 空気を読まない

空気を読まない態度は、周囲の状況や雰囲気に対する鈍感さを示し、感じ悪いと捉えられることが多いです。この態度は、周囲の人々の感情や状況を考慮せず、場の雰囲気に合わない行動を取ることを意味します。特に集団内でのコミュニケーションや社交的な場では、このような振る舞いは不快感を与え、スムーズな人間関係の構築を妨げます。空気を読む能力は、相手への配慮や共感の表れとして重要視されます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人達との集まりで、一人が完全に場の雰囲気を読まずに不適切な話題を持ち出しました。他の人たちは明らかに不快に感じていましたが、その人は全く気にせず話を続けていました。このように空気を読まない態度は、感じ悪いと思われ、人間関係にも悪影響を及ぼします。」:20代後半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「会社の飲み会で、ある新入社員が場の雰囲気に全く合わない発言を続け、周囲を困惑させました。このような空気を読まない態度は、特に職場の集まりでは感じ悪いと捉えられ、その人の社内での評価にも影響を与えかねません。」:30代前半、女性

12. 他人の努力を否定する

他人の努力を否定する態度は、その人の価値や成果を軽視することであり、非常に感じ悪いとされます。このような態度は、人々の自尊心やモチベーションを傷つけ、人間関係に亀裂を入れる原因となります。特に職場や学校などの競争が激しい環境では、他人の努力を認め、尊重することが重要です。他人の努力を否定することは、相手に対する敬意を欠く行為であり、信頼関係を損ないます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「職場でのプレゼンテーションで、ある同僚が他の同僚の努力を全否定しました。その同僚は、『こんなの意味がない』と言って、他の人の努力を軽視しました。このような他人の努力を否定する態度は、感じ悪いと感じられ、職場の雰囲気を悪くします。」:30代中盤、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「学校でのグループワークで、一人の生徒が他の生徒の努力を否定していました。『お前のやっていることは無駄だ』と言うような発言は、感じ悪いと思われ、チームワークを妨げる原因となります。他人の努力を認めることは、協力的な環境を作る上で不可欠です。」:20代前半、女性

13. 常に自慢話をする

常に自慢話をする人は、自己中心的であり、他人への配慮が欠けているため、感じ悪いと捉えられることが多いです。このような行動は、自分の成果や経験を過度に誇示することで、他人を見下すような印象を与えます。特に社交の場や友人関係での自慢話は、周囲の人々を不快にさせ、人間関係の障害となることがあります。謙虚さは人間関係を円滑にする重要な要素であり、自慢話は避けるべき行動です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人との食事の際、一人の友人が自分の成功や資産について延々と自慢していました。その話は他の人々の関心を引くどころか、不快感を与え、感じ悪いと思われていました。自慢話は、周囲との関係を考える上で避けるべきです。」:30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「会社の同僚が仕事の成功について頻繁に自慢してくるのですが、その話は聞いていて感じ悪いと感じます。他人の努力を無視し、自己中心的な自慢話は、職場の雰囲気を悪くする原因となります。」:20代後半、男性

14. 無断で人の物を使う

無断で人の物を使う行為は、他人の私物に対する尊重を欠くため、極めて感じ悪いとされます。この行動は、他人の所有物を勝手に使うことで、信頼関係を損ないます。特に親しい関係や職場などでの無断の使用は、その後の関係に影響を与えることがあります。私物は個人のプライバシーに関わるものであり、無断で使用することは許されるべき行為ではありません。

口コミ体験談
口コミ体験談

「同僚が私の机の引き出しから無断で文房具を取って使っていたことがありました。発見した時、感じ悪いと強く感じました。個人の物を無断で使うことは、相手への敬意を欠く行為です。」:30代中盤、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人が私の化粧品を勝手に使っていたことがあり、それを知った時非常にショックを受けました。無断で人の物を使う行為は、感じ悪いと感じますし、信頼関係を傷つける行為です。」:20代前半、女性

15. 約束を破る

約束を破る行為は、信頼関係において極めて感じ悪い影響を与えます。約束は相互の信頼と尊重に基づくものであり、それを破ることは信頼を著しく損なう行為です。特に頻繁に約束を破る人は、周囲からの信用を失い、人間関係に悪影響を及ぼします。信頼は一度損なわれると回復が難しいため、約束を守ることは非常に重要です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人が度々約束を破り、待ち合わせに現れないことがありました。このように約束を守らない行為は、感じ悪いと感じますし、その人への信頼を失います。信頼関係は約束を守ることで成り立っていると思います。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「職場でのプロジェクトにおいて、一人の同僚が約束した期限を何度も守らなかったことがあります。このように約束を破る行為は、チーム全体の進行に悪影響を及ぼし、感じ悪いと思われます。約束は責任と信頼の証です。」:30代前半、男性

16. 人の悪口を言う

人の悪口を言う行為は、人間関係において感じ悪い影響を与えるものです。この行為は、他人を貶めることで自分を優位に立たせようとするものであり、不和や対立の原因となります。特に職場や友人関係などでの悪口は、信頼関係を脆弱にし、人間関係を悪化させる可能性があります。他人についての悪口は、言う人自身の人格をも疑わせる行為です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「職場で一人の同僚が他の同僚の悪口を言っているのを聞きました。このような人の悪口を言う行為は、感じ悪いと感じられ、職場の雰囲気を悪くする原因となります。悪口は人間関係を破壊するものです。」:30代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人グループ内で一人の友人が他の友人について悪口を言っていました。このように人の悪口を言うことは、感じ悪いと思われ、友人関係に亀裂を入れる原因となります。他人の悪口は避けるべきです。」:20代前半、男性

まとめ

この一連の体験談を通じて、私たちは「感じ悪い人」の特徴やその影響をより深く理解することができました。人の悪口を言うといった行動は、人間関係において感じ悪い印象を与え、信頼や尊敬を損ねる原因となります。これらの特徴を理解し、自分自身の行動を見直すことで、より良い人間関係を築く努力ができるでしょう。

また、他人の行動に対して寛容であること、理解と共感の精神を持つことも、人間関係を良好に保つ上で重要です。この一連の体験談は、私たちが日々の人間関係において気を付けるべき点を教えてくれます。

人のタイプ
シェアする
トクチラボ