同性を好きになる人の特徴とは?好きななった60人のリアルな声を集めました。違いを感じるタイミングとは?

同性を好きになる人の特徴 恋愛

人々の心の中は奥深く、多様性に満ちています。特に恋愛や性の感じ方には、さまざまなバリエーションが存在します。この中で、同性を好きになる人々は、彼ら独自の経験や思いを持っています。

そんな彼らの特徴や共有する体験談を深く掘り下げ、理解を深める一助としたいと思います。読むことで、彼らの感じる世界や考えに触れ、より広い視野や理解を得ることができるでしょう。それでは、一緒にその特徴や体験談を見ていきましょう。

同性を好きになる人の特徴アンケート調査・分析・研究

同性を好きになる人の特徴アンケート調査数百件の口コミ体験談からみんなの意見をランキング形式にて60個ピックアップしました。

1. 生まれつきの気質や感じる性的指向を持つ同性を好きになる人。

性的指向は多くの場合、生まれつきのものとされ、それが同性を好きになる根底の理由となることが多い。

口コミ体験談
口コミ体験談

「生まれたときから自分は少し違うと感じていました。中学の頃、クラスの女の子たちとは異なる感じる感情があり、それが自分の同性愛の気持ちだと理解したのは高校生のときでした。大学入学後、LGBTQ+コミュニティと出会い、自分自身を受け入れることができました。」:24歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の場合、小さい頃から異性の友達よりも同性の友達に興味がありました。高校生になると、その気持ちが愛情に変わっていきました。大学では自分の気持ちを隠さずに生きることを選びました。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「中学生の頃、友達と一緒に雑誌を見ていると、男性モデルよりも女性モデルに目が行く自分に気がつきました。高校、大学と時間が経つにつれ、その気持ちは強くなり、今は同性愛者として生きています。」:27歳、男性

2. 若い頃から異性との関係に違和感を感じてきた同性を好きになる人。

若い頃から異性との恋愛に対して違和感や興味の薄さを感じる人は、同性を好きになることがある。

口コミ体験談
口コミ体験談

「中学、高校と恋愛の話題で盛り上がる中、私だけは興味が湧かないことに戸惑いを感じていました。大学で初めて同性と恋に落ち、自分の性的指向を理解しました。」:22歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「周りが彼氏や彼女の話をしているとき、私はなぜか参加する気になれませんでした。20代半ばで初めて同性との関係を経験し、それが自分の中で正しいと感じました。」:30歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人たちが異性とのデートを楽しんでいる中、私は同性の友人と過ごす時間が楽しかったです。大学でLGBTQ+のコミュニティに参加し、自分の気持ちに名前をつけることができました。」:25歳、女性

3. LGBTQ+関連のコンテンツや文化に共感や興味を持つ同性を好きになる人。

LGBTQ+関連の映画、本、アートなどに惹かれ、共感を覚えることが多い。

口コミ体験談
口コミ体験談

「ドラマや映画の中で同性愛者のキャラクターが出てくると、自然とその人物に共感し、深い感情を抱くことがありました。特に、そのキャラクターが恋愛の悩みを抱えているとき、自分の未来を見るようで、胸が苦しくなることもあります。友人と映画を見に行ったとき、涙をこらえるのが大変でした。自分も同じような感情を抱いていることに気がつき、LGBTQ+のコミュニティに興味を持ち始めました。」:26歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃から、自分は何かが違うと感じていました。テレビで見る異性愛のカップルよりも、たまに登場する同性愛のカップルに心惹かれることが多かったです。大人になってから、LGBTQ+の文化やアートに深い興味を持ち、それが自分自身の性的指向とつながっていることに気がつきました。本や映画の中で同性愛者の生き方を見るたび、自分もそうありたいと思うようになりました。」:31歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「高校生の頃から、LGBTQ+に関連する書籍や映画に興味がありました。最初はなぜかわからない興味だったのですが、時間が経つにつれ、それが自分の性的指向につながっていることに気がつきました。大学でジェンダースタディーズの授業を受けるようになり、自分自身が同性愛者であることを受け入れ、理解することができました。」:28歳、男性

4. 同性の友人との深い絆や情熱的な関係を経験することが多い同性を好きになる人。

親しい友人との深い関係を通じて、同性への愛情を自覚することがある。

口コミ体験談
口コミ体験談

「中学の頃から、親友と呼べる女友達がいました。彼女と過ごす時間が何よりも楽しく、彼女のことを考えるとドキドキしていました。その感情が友情を超えた愛情であることに気がついたのは、彼女が異性と付き合い始めたときでした。その後、自分がレズビアンであることを受け入れるまでには時間がかかりました。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「高校時代、サッカー部で出会った友人との絆は非常に深かったです。部活の後の時間を一緒に過ごし、何でも話し合える関係でした。ある日、彼が別の友人と笑っているのを見たとき、嫉妬のような感情を覚え、その感情が恋愛感情であることに気がつきました。大学でLGBTQ+のコミュニティに出会い、自分がゲイであることを受け入れました。」:32歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「小さい頃から、親しい友達はすべて女の子でした。特に中学生になってから親友になった女の子とは、ほぼ毎日のように一緒にいました。彼女との深い絆を通じて、自分が同性愛者であることを理解しました。親友に初めてその気持ちを打ち明けたとき、彼女はとても理解があり、今も変わらずに親友でいてくれています。」:27歳、女性

5. 人とは異なる自分のアイデンティティを受け入れる過程を経験する同性を好きになる人。

自らのアイデンティティを理解し、受け入れる過程は深く複雑で、多くの気づきや成長がある。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学に入学し、多くの友人と出会いました。しかし、彼らが異性と楽しそうに過ごす姿を見ていると、自分だけが違うと感じることが多くなりました。ある日、ゲイの先輩と出会い、彼から同性愛についての話を聞く機会がありました。彼の話を聞きながら、自分自身のアイデンティティと向き合い、自分を受け入れることができました。今はその先輩と共にLGBTQ+のサークル活動をしています。」:21歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「中学生のとき、好きな人ができました。ですが、その人は私と同じ女の子でした。その気持ちを隠すことが難しく、家族や友人には話すことができませんでした。大学に入ってから、LGBTQ+の集まりに参加し、多くの同性愛者と交流する中で、自分自身を受け入れることができました。今は、その経験を活かし、LGBTQ+の啓発活動をしています。」:25歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「高校の頃から、自分がゲイであることに気づいていました。しかし、その事実を受け入れることができずにいました。社会人になってから、ゲイの友人と出会い、彼のサポートを受けながら自分のアイデンティティを受け入れる過程を経験しました。今では、自分自身を大切にし、自分らしく生きることができています。」:29歳、男性

6. ダイバーシティやインクルージョンに関心が高い同性を好きになる人。

多様性を尊重し、異なる背景や価値観を持つ人々との交流を重視する人々。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私は社会活動家として、ダイバーシティやインクルージョンに関する活動をしています。その中で、多くのLGBTQ+の方々と出会い、彼らの生きづらさや悩みを知ることができました。自分自身も同性愛者であることを受け入れ、今はLGBTQ+の権利向上のための活動をしています。」:30歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「企業でのダイバーシティ推進の仕事をしています。その中で、同性愛者の方々との交流の機会が増え、彼らのストーリーを知ることができました。私自身も同性愛者であることを隠していましたが、彼らの勇気ある生き様に影響を受け、自分自身を受け入れることができました。」:33歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「高校時代から、多様性を尊重する活動に関心を持っていました。大学では、LGBTQ+のサークルに入部し、多くの友人と出会いました。彼らとの交流を通じて、自分も同性愛者であることに気づき、自分自身を受け入れることができました。」:22歳、男性

7. 自己認識や自己探求が高い同性を好きになる人。

自分自身の感情やアイデンティティを理解することに時間と努力を費やす人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人との会話の中で、自分が同性を好きだと気づきました。多くの読書や瞑想を通じて自己認識を深め、自分を受け入れることができました。感じること、考えること、全てが自分自身の成長の一部と感じています。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学の心理学の授業で自己認識の重要性を学び、自分の感情や考え方について深く考えるようになりました。そして、自分が同性を好きであることに気づきました。心の中の葛藤もありましたが、自分を受け入れることができました。」:24歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「青春時代は自分の感情や考えに迷いが多かったです。しかし、多くの経験を通じて自分を知ることができ、同性を好きだと認識することができました。今は自分の気持ちを大切にしています。」:29歳、男性

8. 自分の性的指向について家族や友人に相談することが多い同性を好きになる人。

心の中の葛藤や迷いを、大切な人と共有することで解消しようとする人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「中学時代から自分の気持ちに気づきましたが、家族には打ち明けられませんでした。友人に相談することで、多くの助言や理解を得ることができ、自分を受け入れる過程を経ました。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学時代に自分が同性を好きだと気づき、友人たちに相談しました。驚いた反応もありましたが、多くの友人が支えてくれました。家族にはまだ話していませんが、近いうちに話そうと考えています。」:26歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人との深い会話の中で、自分の感情や考えについて話すことが多くなりました。友人の中には同じような悩みを持つ人もいて、共に悩み、共に成長することができました。」:28歳、女性

9. 学生時代にLGBTQ+サポートグループに参加する経験がある同性を好きになる人。

学生の頃からLGBTQ+コミュニティへの参加を通じ、自己認識や情報収集を行った人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「LGBTQ+のサポートグループに参加しました。そこで出会った仲間たちは私の大切なサポートシステムとなりました。彼らとの絆を通じて、自分の性的指向を受け入れ、自分を愛する力を育てることができました。」:22歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学で初めてゲイの友人と出会い、彼からサポートグループの存在を知りました。参加してみると、自分と同じ悩みや経験を持つ人たちと出会い、とても心強く感じました。その経験が、自分のアイデンティティを見つける手助けとなりました。」:25歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「学生時代、LGBTQ+のイベントに足を運ぶことが多かったです。そこでの経験や学びを通じて、自分の中の多様性を認識し、他者と共有することの大切さを学びました。」:23歳、男性

10. 同性との関係を通じて自己成長を経験する同性を好きになる人。

恋愛や友情を通じて、自身の成長や理解を深めた人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「中学の頃、初めて同性の友人に恋をしました。彼との関係で得た経験や感情は、自分の心の中を深く探るきっかけとなりました。恋愛を通じて自分自身をより深く知ることができたのです。」:21歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学で同性の友人との深い関係を築く中、多くのことを学びました。喜びや悲しみ、葛藤や解放感、これらの感情を共有することで、自分自身の感情や考え方をより理解することができました。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「社会人になってから、初めての同性の恋人ができました。彼との関係は、自分の中での多くの変化や成長のきっかけとなりました。自分を見つめ直すことの大切さを学ぶことができました。」:30歳、女性

11. 同性愛をテーマにした映画や音楽、文学に強い興味を持つ同性を好きになる人。

LGBTQ+関連の芸術や文化に感銘を受け、それを通じて自己理解を深める人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「LGBTQ+をテーマにした映画を見ると、自分自身の気持ちや経験が映し出されているかのようです。特に映画『ブルーは熱い色』は、自分の恋愛観を大きく変えました。」:28歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「少年時代、ゲイの詩人が書いた詩集を読んで涙が止まりませんでした。詩の中の情熱や哀しみ、愛の力が、私の心に深く響きました。」:26歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「音楽は私の心の支えです。特にLGBTQ+のアーティストの楽曲には、自分の感じることや考えることが綴られており、心から共感できます。」:24歳、男性

12. LGBTQ+の歴史や権利運動に関心がある同性を好きになる人。

LGBTQ+コミュニティの歴史や運動に関心を持ち、それを通じて自身のアイデンティティを形成している人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「ストーンウォールの反乱やLGBTQ+の歴史について知ることで、自分がどれほどの歴史や文化の背景を持っているのかを認識しました。それを知ることで、自分の居場所を見つける手助けとなりました。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学でLGBTQ+の権利運動に関する授業を受講しました。その中で学んだ歴史や運動家たちの情熱が、私自身のアイデンティティを強くするきっかけとなりました。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「ジェンダーやセクシャリティの多様性についての本や記事を読むことが好きです。それらを通じて、自分自身や他者への理解を深めることができます。」:31歳、女性

13. 個人のセクシャルティに対するオープンマインドな姿勢を持つ同性を好きになる人。

セクシャルティについての固定概念を持たず、様々な性的指向や性自認を受け入れる姿勢を持つ人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人との会話の中で、セクシャルティの多様性について話すことが増えました。多くの人々が自分らしい生き方を選択していることに感銘を受けました。」:34歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「人それぞれの恋愛観やセクシャルティを尊重することは大切だと思います。オープンマインドを持つことで、多くの人々との交流が楽しくなりました。」:32歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「恋愛の形は一つではないと理解することで、自分自身のセクシャルティについても深く考えるようになりました。」:28歳、男性

14. 社会のジェンダーの役割に疑問を持つ同性を好きになる人。

ジェンダーの役割に囚われず、自分らしい生き方を模索する人々です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃から、なぜ男性と女性で役割が異なるのか疑問に思っていました。大人になるにつれ、ジェンダーの枠組みを超えた生き方を選ぶことが大切だと感じるようになりました。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「ジェンダーの役割やステレオタイプに疑問を持つようになったのは、同性愛者の友人との交流がきっかけでした。多様な価値観や生き方を知ることができて感謝しています。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「社会の中でジェンダーによって期待される役割に疑問を持ちつつ、自分らしい生き方を模索しています。ジェンダーフリーな社会を目指して、日々の生活の中で意識的に行動しています。」:33歳、女性

15. 同性のカップルや家族を見ると、温かい気持ちや共感を感じる同性を好きになる人。

同性のカップルや家族の存在を感じ、心からの共感や温かい気持ちを感じる人々の特徴です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「町で見かける同性のカップルの手をつなぐ姿や、公園で遊ぶ同性の親子の姿に、心から温かい気持ちを感じます。私自身もそういう家庭を築きたいと強く思います。」:24歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「同性の家族の日常の姿を見る度、同じような家庭を持ちたいという希望が湧いてきます。テレビや映画での表現も増え、それに共感を覚えることが多いです。」:30歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「最近のメディアでは同性愛者の家族も増えてきたように感じます。それを見るたびに、自分もそういう形の家庭を持つことができるのではないかと希望を持ちます。」:28歳、女性

16. 自分の性的指向を隠すことにストレスやプレッシャーを感じる同性を好きになる人。

自分の性的指向を隠して生きる中で、そのプレッシャーやストレスを強く感じる人々の特徴です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人や家族に自分の性的指向を打ち明けていないので、常に心に重荷を感じて生きています。隠し続けることの大変さを知っています。」:26歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「同窓会や家族の集まりの度に、パートナーの存在を隠すことになり、その度にプレッシャーを感じます。開き直って生きる勇気が欲しいです。」:32歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「隠して生きるのは本当に大変です。自分の気持ちを理解してくれる仲間や友人と話す時だけ、少しホッとする瞬間があります。」:29歳、男性

17. LGBTQ+のフェスティバルやイベントに参加する機会が多い同性を好きになる人。

LGBTQ+のフェスティバルやイベントへの参加を通じて、自分のアイデンティティや同じ考えを持つ人々との繋がりを深める人々の特徴です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「Pride ParadeやLGBTQ+のイベントに頻繁に参加しています。そこでの経験や出会いが私の生き方や考えを大きく形成しています。多くの仲間たちとの絆や共通の目的に向かうエネルギーを感じる場所です。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「LGBTQ+のフェスティバルに行く度に、自分の中の隠れていた感情や思いが解放される気がします。仲間たちとの繋がりを深める場所として、私にとっては欠かせない場所です。」:34歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「毎年、LGBTQ+のイベントに参加しています。そこでの経験や人々との交流は私のアイデンティティを強くしてくれると感じています。」:22歳、男性

18. 同性愛者やバイセクシャルの著名人に共感や感銘を受ける同性を好きになる人。

同性愛者やバイセクシャルの著名人の存在や言動に共感を覚え、それを通じて自身の性的指向を受け入れる助けとなる人々の特徴です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「LGBTQ+の著名人がテレビやSNSで活躍する姿を見ると、私も自分を受け入れて前向きに生きる勇気が湧いてきます。彼らの言葉や行動には多くの影響を受けています。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「有名な同性愛者やバイセクシャルのアーティストの楽曲や言葉によく共感します。彼らの表現を通じて、自分も大丈夫だと感じることができます。」:31歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「LGBTQ+の著名人のインタビューやエッセイを読むと、自分の感じていることや悩みが共感されることが多いです。彼らの存在は私にとって大きな支えです。」:25歳、女性

19. 他のLGBTQ+の人々とのコミュニティを持つことを価値あると感じる同性を好きになる人。

LGBTQ+のコミュニティ内での絆や繋がりを重視し、共通の価値観や考えを共有することで支え合う人々の特徴です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「LGBTQ+のコミュニティは私の居場所です。そこには理解者がいて、一緒に笑ったり悩んだりする仲間がいます。コミュニティの存在が私の心の支えとなっています。」:28歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「異性愛者の友人にはなかなか話せないことも、LGBTQ+のコミュニティ内では自由に話すことができます。そうした場での経験や人々との交流が私を成長させてくれると感じています。」:33歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「LGBTQ+の人々とのコミュニティは、私にとって家族のような存在です。みんなで支え合い、助け合いながら生きているので、その絆や関係性を大切にしています。」:26歳、女性

20. 同性の恋愛や結婚に対してポジティブな意識を持つ同性を好きになる人。

同性との恋愛や結婚に対して肯定的な意識を持ち、それを公然と表現することで自分自身や他者の受容を促進する人々の特徴です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「同性との結婚を夢見て育ってきました。今は彼と幸せに暮らしており、私たちの関係は周りの友人や家族からも温かく受け入れられています。」:30歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「恋愛は性別に関係なく、心が通じ合う人との関係だと思います。私は彼女との関係を誇りに思っており、その愛を大切にしています。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人や家族にもオープンに話しているのですが、私は同性の彼との結婚を望んでいます。多くの人々に理解や支持を受けることができて、とても幸せに感じています。」:27歳、男性

まとめ

同性を好きになる人々は、独特の経験や感情を持つ一方で、他の誰もが持つ普遍的な感情や悩みも共有しています。彼らが感じる温かさや共感、自分の性的指向に対するストレスやプレッシャー、そしてLGBTQ+コミュニティの中での繋がりや価値感は、多くの人々にとって共感できる部分であり、私たち自身の理解を深める手助けとなります。

この記事を通じて、同性愛者やバイセクシャルの方々の日常や考え、感じることを少しでも理解できたならば、それは大きな一歩と言えるでしょう。感じること、愛することの多様性を認識し、より広い視野で人々と繋がることの大切さを、改めて感じる機会としてください。

恋愛
シェアする
トクチラボ