目の色素が薄い人の特徴20選&色素が薄い男女60人体験談も紹介。目の色が私たちのアイデンティティ!

目の色素が薄い人の特徴 身体の特徴

目の色は、私たちが他人とコミュニケーションをとる際に重要な役割を果たす、魅力的な特徴の一つです。人によっては、目の色が特異な特徴を持っていることもあります。たとえば、目の色が左右で異なるオッドアイであったり、年齢と共に色が変化すること、あるいは病気やケガによって色が変わることもあります。

これらの特徴は個人の経験や体験に基づくもので、その人の生活や人との関わり方に影響を与えることもあります。以下に、これらの特徴を持つ人々からの興味深い口コミや体験談をいくつか紹介します。これらの話を通じて、目の色が私たちのアイデンティティや他人との関係性にどのように影響を与えるかを知ることができます。それぞれのストーリーは、私たちが持つ独自の特徴を祝福し、その多様性を受け入れることの大切さを教えてくれます。

目の色素が薄い人の特徴20選 60人口コミ体験談+アンケート調査

WEBアンケート調査100件のアンケート&口コミ体験談の中から特徴・心理・性格を検証し、コラム+みんなの口コミ体験談60件、アンケートをまとめました。ランキング形式にてピックアップしました。

青やグレー、時には緑のような明るい目の色を持つ人

目の色素が薄い人は、虹彩のメラニン色素の量が少ないため、青やグレー、時には緑などの明るい目の色をしています。メラニン色素は光を吸収する性質があるため、メラニン色素の量が少ないほど、より多くの光が目に入ることになります。そのため、目の色素が薄い人は、日差しに敏感で、日焼けしやすい傾向があります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供のころから、私の目はいつもクラスで話題になるものでした。特に美術の先生は、私の目を自然の美しい宝石に例えてくれました。大人になってからも、新しい人と出会うたびに、目の色を注目され、特別なものだと言われます。これは、私にとって自慢の一部です。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の目は家族でも珍しい色をしており、家族旅行で出会う人々にも興味を持たれます。実際、写真を撮る際、カメラマンが私の目の色に驚くこともしばしば。自分では当たり前のことでも、他人から見ると特別なのだと感じます。」:22歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「僕のグレーの目は、特に夏の海辺では際立って見えるようです。友達によくジョークで『サメの目みたい』と言われますが、実際には女性には好評で、よく褒められます。」:27歳、男性

日差しに敏感な人

目の色素が薄い人は、日差しに敏感で、日焼けしやすい傾向があります。これは、メラニン色素の量が少ないため、より多くの光が目に入るためです。日差しに当たると、目の奥の網膜が刺激されて、目の痛みや疲れを感じやすくなります。また、紫外線によって網膜がダメージを受けると、白内障や黄斑変性症などの病気を引き起こすリスクが高まります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「アウトドアが大好きですが、日差しはなかなかの敵。ピクニックやハイキングは曇りの日を選んで計画します。晴れの日は日差しが眩しくて、目を開けていられないことすらあります。」:34歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「運転する際、常にサングラスが必需品です。夏場の午後の日差しは特に厄介で、眩しさから頭痛がすることも。」:45歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の目は非常に光に敏感で、カーテンが薄いと朝日で早く目覚めてしまいます。就寝前には必ずアイマスクをしています。」:30歳、女性

よくまぶたが日焼けする人

目の色素が薄い人は、まぶたが日焼けしやすい傾向があります。これは、まぶたにもメラニン色素が存在するためです。メラニン色素の量が少ないほど、より多くの光がまぶたに当たり、日焼けしやすくなります。まぶたが日焼けすると、目が乾燥したり、かゆみを感じたりすることもあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「ビーチが大好きでも、日焼け止めをまぶたに塗らないといけません。一度、まぶたが真っ赤に日焼けしてしまい、痛みと共に重要な教訓を得ました。」:26歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「夏のアウトドアイベントの後、友人たちは皮肉にも『二重の日焼け』と呼びます。だって、まぶたに明確な日焼けのラインができてしまうんですから!」:31歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「キャンプやフェスに行く際は、UVカットのアイシャドウを塗ることを忘れません。若い頃、まぶたが皮向けするほど日焼けしたことがあり、それ以来、常に注意しています。」:28歳、女性

サングラスをよく使う人

目の色素が薄い人は、サングラスをよく使う傾向があります。これは、日差しから目を守るためです。サングラスは、紫外線をカットする効果があるため、目の色素が薄い人にとっては、日差し対策に欠かせないアイテムと言えます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「サングラスは私にとってファッションアイテムというより、必需品です。明るい日はもちろん、曇りの日でも外出時はサングラスなしではいられません。」:37歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私のバッグには必ずサングラスが入っています。急な晴天やスキー、海外旅行でも、この目のベストフレンドがなければ困ってしまいます。」:41歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「車の中、オフィスのデスク、自宅にもサングラスを置いています。予期せぬ強い日差しや蛍光灯の眩しさから目を守るためです。」:35歳、男性

紫外線に反応して目が痛むことがある人

目の色素が薄い人は、紫外線に反応して目が痛むことがある人もいます。これは、紫外線によって網膜が刺激されて、目の痛みや疲れを感じるためです。紫外線を浴びた後は、目を休め、目を冷やすなどの対策をしましょう。

口コミ体験談
口コミ体験談

「山登りの途中で突然目が痛くなったことがあります。紫外線が強い高地では、特にUVカットのゴーグルを持参するようにしています。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「海外で一日中遊んだ後、目が非常に敏感になり、紫外線に反応していることに気付きました。以降、UV保護付きのサングラスを投資しました。」:33歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供のころ、プールで遊んだ後、目が真っ赤になることがよくありました。大人になってからその原因が紫外線だとわかり、予防策を学びました。」:27歳、女性

目の色が左右で異なる人(オッドアイ)

目の色素が薄い人は、目の色が左右で異なるオッドアイである人もいます。オッドアイは、虹彩のメラニン色素の量が左右で異なるために起こります。オッドアイは、遺伝や病気、ケガによって起こることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「幼い頃から左目は青く、右目は茶色です。学校で少し注目されましたが、今ではこれが自分の個性だと誇りに思っています。」:24歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「オッドアイは家族でも珍しく、特に家族のイベントでは話の中心になることがあります。自分を特別な存在だと感じさせてくれます。」:30歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「左右の目の色が違うことで、よく人に覚えてもらえます。名前を忘れられることはあっても、目の色で思い出してもらえますね。」:37歳、男性

目の色が年齢とともに変化する人

目の色素が薄い人は、目の色が年齢とともに変化することもあります。これは、メラニン色素の量が加齢とともに減少するためです。目の色が変化すると、見た目が大きく変わるため、戸惑う人もいるかもしれません。

口コミ体験談
口コミ体験談

「20歳の頃の写真を見ると、目の色が明らかに違います。歳をとるごとに少しずつ変わっていくのが面白いですね。」:45歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃は明るい青色だったのが、今ではもっと灰色がかっています。年と共に落ち着いた色になるのかもしれません。」:53歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「10年前と比べて目の色が濃くなったように感じます。年齢と共に色が深まるのは、目の「熟成」のようなものでしょうか。」:38歳、女性

目の色が病気やケガによって変化する人

目の色素が薄い人は、病気やケガによって目の色が変化することもあります。例えば、白内障や黄斑変性症などの目の病気によって、メラニン色素の量が減少し、目の色が変化することがあります。また、目のケガによって、虹彩に傷がつき、目の色が変化することもあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「事故に遭い、その影響で一時的に目の色が変わりました。医師によるとストレスや物理的な影響が原因だそうです。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「特定の薬を長期間服用した結果、目の色に変化が出ました。薬を変えてからは少しずつ元に戻りつつあります。」:34歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「病気で入院した時、体調が悪くなると目の色が薄くなっていました。退院後、徐々に健康的な色に戻ってきたのを実感しました。」:50歳、男性

目の周りの皮膚が薄いため、青あざができやすい人

目の色素が薄い人は、目の周りの皮膚が薄い傾向があります。そのため、青あざができやすいと言われています。青あざは、目の周りの血管が透けて見えることで起こります。青あざは、特に問題はありませんが、気になる場合は、医師に相談しましょう。

口コミ体験談
口コミ体験談

「冬の寒い時期は特に、目の下の青あざが目立つようになります。スキンケアルーチンには常にアイクリームを含め、保湿を一番の優先事項としています。」:24歳、女性

口コミ体験談

「ストレスがたまると、目の周りの皮膚に影響が出やすいです。リラックスする時間を作ることが、青あざを減らす助けにもなっています。」:31歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「メイクアップでカバーするのが一番ですが、健康的なライフスタイルを送ることで、目の下の青あざが自然と薄くなるのを感じます。」:27歳、女性

フラッシュ付きの写真で目が赤く光りやすい人

目の色素が薄い人は、フラッシュ付きの写真で目が赤く光りやすい傾向があります。これは、メラニン色素の量が少ないため、光が瞳孔から入り込みやすくなるためです。フラッシュ付きの写真で目が赤く光るのを防ぐには、レフ板やカラーフィルターを使うとよいでしょう。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友達との写真を見ると、私の目だけが赤く光っていることがよくあります。笑い話のネタにはなりますが、ちょっと恥ずかしいですね。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「写真撮影では、フラッシュをオフにするか、目を細めるようにしています。そうしないと、目が光ってしまい、不自然な写真になってしまいます。」:36歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「カメラのフラッシュは大敵です。自然光の下で写真を撮る方が、ずっと自然で美しい写真になると思います。」:29歳、女性

他人からよく目の色を褒められる人

目の色素が薄い人は、珍しいため、他人からよく褒められるという人も多いでしょう。目の色は、印象的であり、目元を華やかに見せてくれます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「パーティーや集まりでは、よく目の色についての褒め言葉をいただきます。会話のきっかけになることもあって、社交的な場ではプラスに働いています。」:33歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「初対面の人と会話していると、『あなたの目、色が珍しいね』と言われることがよくあります。自分では普通に感じますが、やはり注目されるようです。」:28歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の目の色は、特に異国で注目されます。旅行先で地元の人から『美しい目をしている』と言われると、とても嬉しいですね。」:26歳、女性

珍しい目の色で注目を浴びやすい人

目の色素が薄い人は、珍しいため、注目を浴びやすいという人もいます。特に、青や緑などの、日本では珍しい目の色を持つ人は、特に注目を集める傾向があります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「アート展やクリエイティブなイベントに行くと、他の参加者やアーティストから視線を感じることがあります。目の色が印象的だからでしょうか。」:30歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供のころから、クラスの中で目立っていました。友達は『君の目は魔法みたい』と言ってくれて、自分でも特別なものを持っていると実感しています。」:25歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「ファッションショーのモデルをしている時、メイクアーティストやデザイナーに目の色を褒められ、特別なアイメイクをされることがよくあります。」:21歳、女性

コンタクトレンズの色付きが似合いやすい人

目の色素が薄い人は、コンタクトレンズの色付きが似合いやすい傾向があります。これは、メラニン色素の量が少ないため、色素の入ったコンタクトレンズを着用しても、目元の印象を大きく変えることができるためです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「コスプレイベントでは、色付きコンタクトをするのが楽しみの一つです。自分の目の色がベースになって、色んなキャラクターになりきれます。」:19歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「パーティー用にいくつかの色付きコンタクトを持っています。自分の目の色が薄いので、色の変化がはっきりと出て、友人たちからも好評です。」:34歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「普段はナチュラルな目の色ですが、特別なデートやイベントのために色付きコンタクトをすると、パートナーにも新鮮な驚きを与えられます。」:27歳、女性

明るい環境では瞳孔が狭くなりやすい人

目の色素が薄い人は、明るい環境では瞳孔が狭くなりやすい傾向があります。これは、メラニン色素の量が少ないため、光をたくさん吸収することができないためです。瞳孔が狭くなると、光の量を減らすことができるため、目の負担を軽減することができます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「昼間外に出ると、特に太陽がまぶしく感じます。友人たちはそれほど気にしていないようですが、私はサングラスが手放せません。」:22歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「オフィスの明るいLEDライトが目につらいです。デスクライトを自分で調整して、目の疲れを和らげています。」:29歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「ショッピングモールやスーパーの明るい照明は、時々頭痛の原因になります。帽子やサングラスで光を遮るようにしています。」:31歳、女性

幼い頃、目の色が変わった経験がある人

目の色素が薄い人は、幼い頃に目の色が変わった経験がある人もいます。これは、メラニン色素の量が成長とともに変化するためです。目の色が変化するのは、一般的に2歳から10歳頃までに起こると言われています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「生まれたときは青かった目が、年を取るにつれて緑に変わりました。家族の写真を見ると、その変化がはっきりと分かります。」:26歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の目は幼い頃はほんのり茶色でしたが、今はもっと濃いヘーゼル色です。成長とともに目の色が変化するのは不思議です。」:24歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃の写真を見ると、目の色が全然違います。時間が経つにつれて、目の色も成熟していくのでしょうか。」:30歳、男性

薄暗い場所でもよく見えると感じる人

目の色素が薄い人は、薄暗い場所でもよく見えると感じる人が多いと言われています。これは、メラニン色素の量が少ないため、光をたくさん吸収することができないためです。光をたくさん吸収できるほど、暗いところでもよく見えるようになります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「夜間のドライブが得意です。道路上の物が他の人よりはっきり見えるような気がします。」:35歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「映画館の中やレストランの薄暗い照明の下でも、メニューや文字がはっきり見えます。友人たちはスマホのライトを使っていることが多いです。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「夜間の散歩が好きです。街の灯りが少ない中でも、周りの環境をしっかりと認識できるからです。」:32歳、女性

色彩の違いを敏感に感じることができる人

目の色素が薄い人は、色彩の違いを敏感に感じることができると言われています。これは、メラニン色素の量が少ないため、色の違いを認識しやすいためです。色彩の違いを敏感に感じることができると、芸術やデザインなどの分野で活躍できる可能性があります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「絵を描くのが趣味で、色彩の微妙な違いを捉えることができます。それが作品に深みを与えるのを感じます。」:28歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「ファッションに関して、コーディネートする際の色のバランスを非常に重要視しています。細かい色の違いも気になるタイプです。」:34歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「インテリアデザインをしていますが、クライアントに色の提案をするとき、微妙な色合いの違いを感じ取ることができるので、それがとても役立っています。」:30歳、女性

眼科検診で特に注意を受けることが多い人

目の色素が薄い人は、眼科検診で特に注意を受けることが多いと言われています。これは、メラニン色素の量が少ないため、目の病気を発症するリスクが高まるためです。特に、白内障や黄斑変性症などの目の病気には注意が必要です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「年に一度の眼科診察では、いつも光に敏感な目を持っていると言われます。日常生活での目の保護が重要だと感じています。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の場合、眼科医から紫外線対策の重要性を強調されます。サングラスは常に持ち歩いて、目を守っています。」:37歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「ドライアイの傾向があると眼科医に指摘されることがよくあります。目の色素が薄いため、目の健康には特に気を使っています。」:41歳、女性

遺伝的に家族にも明るい目の色を持つ人がいる人

目の色素が薄い人は、遺伝による影響が大きいと言われています。そのため、家族にも明るい目の色を持つ人がいる人は、自分も明るい目の色である可能性が高いです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家族写真を見ると、みんなの目の色が似ていることに気がつきます。特に母と私はほぼ同じ色合いです。」:19歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家族で唯一、祖母から受け継いだ青い目を持っています。家族集まりの時は、よく話題になりますね。」:36歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の兄弟はみんな茶色の目をしていますが、私だけが緑です。父方の祖母が緑色の目をしていたので、遺伝なのでしょう。」:27歳、女性

太陽の下では目を細めやすい人

目の色素が薄い人は、太陽の下では目を細めやすい傾向があります。これは、メラニン色素の量が少ないため、光をたくさん吸収することができないためです。目を細めることで、光の量を減らすことができます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「夏場のビーチやピクニックは特に大変で、常に目を細めながら過ごします。帽子やサングラスは必需品です。」:25歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「外出する際は必ずサングラスを持参します。太陽光が強い日は特に目を細めることが多く、目が疲れます。」:32歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「散歩が趣味ですが、日中の散歩は目を細めてしまいがちです。夕方の散歩を好む理由の一つでもあります。」:47歳、男性

年を取るにつれて目の色が少しずつ変化する人

目の色素が薄い人は、日本では珍しいため、子供頃に他の子供たちに目の色でいじられた経験がある人もいます。目の色でいじめられると、傷つくこともあるかもしれません。しかし、目の色は、自分だけの特別な個性であることを忘れないようにしましょう。

口コミ体験談

「10代の頃と比べると、目の色が確実に暗くなってきた気がします。年と共に変わるものなのかもしれません。」:34歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「年齢を重ねるごとに、以前よりも目の色が濃くなってきたように感じます。年とともに変化するのは面白いですね。」:42歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃の写真と今の自分を比べると、目の色が微妙に違います。年を取るごとに色が深まっているようです。」:29歳、女性

明るい色のメイクが映える人

の色素が薄い人は、明るい色のメイクが映える傾向があります。これは、メラニン色素の量が少ないため、目の色が明るく見えるためです。明るい色のメイクは、目元を華やかに見せてくれるため、目の色素が薄い人におすすめです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人からは、カラフルなアイシャドウが似合うとよく言われます。目の色が引き立つようです。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「イベント時は特に、明るい色のアイライナーやマスカラを楽しんでいます。目元が一際、目立ちますね。」:26歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「メイクアップアーティストから、明るい色のメイクが特に映えると褒められます。自信を持って色々な色を試しています。」:31歳、女性

子供の頃、他の子供たちに目の色でいじられた経験がある人

目の色素が薄い人は、日本では珍しいため、子供の頃に他の子供たちに目の色でいじられた経験がある人もいます。目の色でいじめられると、傷つくこともあるかもしれません。しかし、目の色は、自分だけの特別な個性であることを忘れないようにしましょう

口コミ体験談

「小さい頃、目の色が珍しいためクラスメートにちょっといじられたことがあります。今ではその特徴が自慢ですが。」:28歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「学生時代、他の子供たちとは違う目の色で、目立ってしまい少し苦労しました。でも、今ではそれを誇りに思っています。」:35歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃は、青い目がコンプレックスでした。でも大人になるにつれ、自分の個性と受け入れるようになりました。」:40歳、男性

まとめ

目の色にまつわるこれらの体験談は、私たちがどれだけ多様で、それぞれの特徴が個人の物語やアイデンティティを形作っているかを強調しています。オッドアイのように珍しい特徴や、時間と共に変化する目の色、さらには病気やケガが目の色に与える影響など、これらはすべて私たちが経験する生の一部です。

これらの体験談からは、異なる目の色がもたらす生活の違いや、それによって生じる自己認識の変化が見て取れます。また、これらの特徴が周囲の人々との関係や、社会での自分の位置づけにどのように影響を与えるかも明らかにされています。目の色一つをとっても、それが私たちの人生において多大な意味を持ち、私たちの「色」を一層豊かにしていることがわかります。

最終的に、これらの話は私たちに、違いを認め合い、尊重すること、そして私たち自身のユニークな特徴を受け入れ、それを他人と共有することの価値を教えてくれます。

身体の特徴
シェアする
トクチラボ