付き合って1ヶ月カップル!冷める派と燃える派の32人の意見

付き合って1ヶ月カップル 恋愛

付き合い始めて1ヶ月という節目は、多くのカップルにとって重要な時期です。初めての熱狂が落ち着きを見せ始めるこの時期には、関係の本質が見えてきます。アンケートや実体験談を通じて見えてきたのは、この一ヶ月間でカップルが直面する「冷める派」と「燃える派」の二つの異なる道です。

冷める派は関係のマンネリ化や相手の小さな欠点が気になり始めるなど、関係の弱点に目を向け始めます。一方、燃える派は関係をさらに深めようとする努力が見られ、相手のことをもっと知りたいという情熱が続いています。これらの体験談は、恋愛の多様性と、それぞれの関係が直面する困難と喜びを示しています。

付き合って1ヶ月カップル16選 32人口コミ体験談 アンケート調査

WEBアンケート調査107件&口コミ体験談の中から特徴・心理・性格・方法などを検証し、コラム+みんなの口コミ体験談32件、アンケートをまとめました。ランキング形式にてピックアップしました。

アンケート

付き合って1ヶ月で、好みや価値観についてどれくらい理解しましたか?

冷める派

  1. コミュニケーションが少なくなり始める
  2. 相手の小さな欠点が気になり始める
  3. デートがマンネリ化してきた
  4. 相手の興味が自分と合わないことに気付く
  5. 一緒にいる時間が負担に感じる
  6. 相手の生活スタイルに不満を感じる
  7. 自分の時間が欲しくなる
  8. 相手の優先順位が下がる

燃える派

  1. 相手のことをもっと知りたいと思う
  2. 一緒にいる時間が楽しくてたまらない
  3. 将来の計画を話し合い始める
  4. 相手の趣味や興味を共有したいと思う
  5. 小さなサプライズを計画する
  6. 相手への理解が深まり信頼が増す
  7. お互いの関係をさらに強化したいと思う
  8. 毎日連絡を取り合いたくなる

冷める派

1. コミュニケーションが少なくなり始める

付き合い始めは毎日のようにラブラブなメッセージのやり取りがあり、相手のことを考えるだけで胸が高鳴っていました。しかし、付き合って1ヶ月が経つと、徐々に連絡の頻度が減り、話題も尽きがちになります。これは、恋愛の初期の興奮が薄れ、日常の忙しさに追われる中で、お互いの存在が当たり前になってしまうからかもしれません。この段階で関係の維持に不安を感じ始める人も少なくありません。

口コミ体験談
口コミ体験談

「最初は毎晩のように長電話をしていたけど、だんだんと話すことがなくなって、連絡も週に1、2回になったんです。それでも会うと楽しいけど、会わない時はなんとなく寂しさを感じていました。友達との予定を入れたり、趣味に没頭したりして、その寂しさを紛らわせようとしました。でも、彼との関係が以前のように戻ることはなかったんです。」:30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女とのメッセージのやり取りが少なくなって、デートの計画もおざなりになってしまいました。最初は相手の理解に感謝していたけれど、徐々に連絡を取るのが億劫になって、デートの間隔も空いていきました。何となく、関係が希薄になっていくのを感じていましたが、どう対処していいかわからず、結局距離は広がる一方でした。」:20代後半、男性

2. 相手の小さな欠点が気になり始める

恋愛の初期には見過ごされがちな相手の小さな欠点も、時間が経つにつれて気になり始めることがあります。恋愛の盲目的な期間が過ぎると、相手のリアルな姿が見えてきます。これは、相手をより深く知る過程であるともいえますが、時には些細なことがストレスの原因になることもあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼の部屋に行くといつも散らかっていて、掃除が行き届いていないんです。最初は「男の子だから」と思っていたけれど、段々とそれが気になり始めました。一緒にいる時間が増えるにつれて、この部分が改善されないことにイライラし、フラストレーションを感じるようになりました。小さなことかもしれませんが、日常生活での価値観の違いが浮き彫りになってきたんです。」:30代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女はいつも時間にルーズで、最初はその無邪気さが可愛いと思っていました。でも、重要な予定の日にも遅れることが多く、待ち合わせの度にイライラするようになりました。特に大切な予定の日に遅れられると、その日一日が台無しに感じられ、少しずつ心に距離を感じるようになりました。彼女に何度か話し合いを持ちかけましたが、改善されることはありませんでした。」:20代前半、男性

3. デートがマンネリ化してきた

付き合って1ヶ月が経つと、デートの内容が徐々にマンネリ化してきます。最初の興奮が薄れ、新鮮なデートプランを考えるのが難しくなることもあります。特に忙しい日常を送っていると、デートの計画を練る時間やエネルギーが割けなくなることがあります。これにより、デートがルーティンワーク化してしまうことがあり、関係の鮮度が失われてしまうこともあるのです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「デートがいつも同じパターンになってきたんです。最初の頃は新しいレストランに行ったり、映画を見に行ったりしていましたが、だんだんとその頻度が減り、近所のカフェでお茶するだけの日が増えました。何か新しいことをしようと思っても、アイデアが浮かばず、彼も特に提案をしてくれませんでした。マンネリ感が強まり、少し退屈を感じるようになりました。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「毎週末は彼女と会って映画を見たり、食事をしたりしていましたが、徐々にそのルーティンが面倒に感じるようになりました。新しいデートスポットを探すのも一苦労で、お互いにやる気が出ない日もありました。そんな時、彼女から「もっと違うことをしようよ」と言われても、何をしたらいいのかわからず、ただ時間を過ごすだけになってしまいました。」:30代前半、男性

4. 相手の興味が自分と合わないことに気付く

付き合い始めは、相手の興味や趣味を共有しようとする努力が見られますが、1ヶ月が経過すると、相手の興味が自分と合わないことに気付くことがあります。恋愛の初期は相手に合わせることが多いですが、時間が経つにつれて、自分の趣味や興味を追求したくなることがあります。これにより、趣味や興味の違いが明確になり、関係にひずみが生じることもあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼はアウトドアが好きで、よくハイキングやキャンプに行きたがるんです。最初は一緒に楽しんでいましたが、本当は自分はアウトドアよりもインドア派だと気付きました。家で映画を見たり、本を読んだりするのが好きなんですが、彼にはそれが物足りないようでした。趣味の違いが、徐々に大きな問題になってきました。」:20代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女はアートが好きで、美術館によく行くんです。最初は興味を持って付き合っていましたが、正直あまり楽しめていませんでした。自分はもっとアクティブな遊びが好きで、そういった活動を一緒に楽しむことが少なかったです。趣味の違いが障壁になり、一緒にいても楽しめなくなってきたんです。」:30代前半、男性

5. 一緒にいる時間が負担に感じる

カップルが付き合って1ヶ月が経つと、一緒にいる時間が徐々に負担に感じられることがあります。初めはお互いのことを知る楽しさで満たされていた時間が、徐々に日常のルーチンとなり、それがストレスとなることがあります。特に、個人の時間を大切にしたい人にとっては、恋愛関係が自分の時間を侵食しているように感じられることもあるのです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼とのデートは毎週末必ずあり、平日もほぼ毎日連絡を取り合っていました。でも、自分の時間がほとんどなくなってしまい、趣味や友人との時間が犠牲になっていることに気付いたんです。彼といる時間が楽しいのは確かですが、それが徐々に負担に感じられるようになりました。自分だけの時間を取り戻したいと思うようになり、その結果、彼との時間を減らすことを決意しました。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女とは毎日のように会っていましたが、仕事の疲れがたまると、正直リラックスしたいだけの時もありました。彼女はいつも元気で、会いたがるんですが、そのエネルギーに付いていくのが大変でした。自分の趣味に時間を使いたいと思うようになり、彼女と過ごす時間が少し重荷に感じられるようになりました。」:30代前半、男性

6. 相手の生活スタイルに不満を感じる

付き合って1ヶ月を過ぎると、相手の生活スタイルに対する不満が浮かび上がることがあります。恋愛の初期はお互いを受け入れる姿勢が強いですが、時間が経つと相手の日常の習慣や生活態度が気になり始めます。これは、一緒にいる時間が長くなるにつれて、相手の本来の生活スタイルが見えてくるからです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼の不規則な生活スタイルが最初は新鮮でしたが、徐々に不便を感じるようになりました。夜遅くまで起きていて朝は遅く起きる彼と、私の早寝早起きの生活リズムは合わず、デートの予定を合わせるのが難しくなってきました。また、健康に気を使う私と違い、彼は食生活もあまり気にしないため、一緒にいると自分の生活スタイルまで崩れてしまうことがありました。」:30代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女はとても計画的で、すべてがきちんとしているタイプです。最初はそのしっかりとした様子に惹かれましたが、自分はもっと自由奔放な生き方を好むため、彼女の計画性が窮屈に感じるようになりました。デートの計画も彼女が細かく立てるため、自分の意見を言いづらくなり、自分らしさを失っているような感覚に陥りました。」:20代前半、男性

7. 自分の時間が欲しくなる

付き合い始めの情熱が落ち着き、カップルがそれぞれの時間を必要とし始めることがあります。最初はお互いの時間を多く共有しようとするものですが、1ヶ月を過ぎると、個々の趣味や友人との時間を再び大切にしたいと感じることがあります。これは、恋愛関係と個人の自立をバランスよく保つことの重要性を意識し始めるサインでもあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼との時間を楽しんでいましたが、友達とのカフェ巡りや一人での読書時間が恋しくなりました。自分の趣味や友人関係を大切にしたいという気持ちが強くなり、彼とのデートを控えめにしました。彼には理解してもらえましたが、自分の時間を取り戻すことで、お互いの関係も健全に保てると感じました。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「毎週末は彼女と過ごすのが当たり前になっていましたが、ある日、久しぶりに一人で映画を見に行った時、その自由さが心地よく感じました。一人の時間をもっと持ちたいと思うようになり、彼女とのデートを減らす決断をしました。彼女は少し寂しがりましたが、一人の時間を重視することで、会った時の楽しさも増えたように思います。」:30代前半、男性

8. 相手の優先順位が下がる

付き合って1ヶ月が過ぎると、カップルの中で相手の優先順位が徐々に変わることがあります。恋愛の初期には相手を最優先に考える傾向がありますが、時間が経つにつれ、自分のキャリアや趣味、友人関係などが再び重要視されるようになります。これは、恋愛と自分自身の人生をバランスよく両立させようとする自然な過程です。

口コミ体験談

「最初は彼の予定を優先していましたが、自分のキャリアや趣味にもっと時間を使いたいと思うようになりました。彼とのデートよりも自分の進歴を優先するようになり、彼との関係は少し後回しになってしまいました。これが彼との関係に影響を与えてしまったかもしれませんが、自分自身の成長も大切にしたいと思うようになりました。」:30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女との関係は大切ですが、友人や趣味の時間も同じくらい大切にしたいと感じるようになりました。友人たちとの飲み会や趣味のサークル活動にもっと参加したいと思い、彼女とのデートを控えるようになりました。彼女は少し寂しそうでしたが、自分の時間を大切にすることで、彼女との関係も新鮮なものに保てると思いました。」:20代中盤、男性

燃える派

9. 相手のことをもっと知りたいと思う(燃える派)

付き合って1ヶ月が経過すると、相手のことをもっと深く知りたいと思う気持ちが強くなることがあります。最初の表面的な関係から一歩進んで、相手の過去や夢、価値観について理解を深めたいという欲求が生まれます。この過程は、お互いの関係をより密接なものに変えていく重要なステップです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼との関係が深まるにつれ、彼の幼少期の話や将来の夢についてもっと知りたいと思うようになりました。デートの時は、お互いの過去の話をして、共通点や違いを発見するのが楽しくなりました。彼の価値観や人生観について理解することで、彼への愛情も深まっていきました。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女と付き合って1ヶ月が経ち、彼女のことをもっと深く知りたいと感じるようになりました。彼女の趣味や好きなもの、苦手なものまで、詳しく知ることで彼女のことをより理解できると思いました。お互いの話をする時間を大切にし、彼女の内面に触れることで、関係がより強固なものになっていきました。」:30代前半、男性

10. 一緒にいる時間が楽しくてたまらない(燃える派)

カップルが付き合って1ヶ月を過ぎると、一緒に過ごす時間が楽しくて仕方がないと感じることがよくあります。恋愛の最初の段階で築かれた絆が、さらに強まっていく過程です。この時期は、相手と過ごす時間を最大限に楽しもうとする情熱が溢れています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼と一緒にいる時間が、本当に幸せでたまらないんです。週末になると、彼とのデートが待ち遠しくて仕方ありません。一緒に映画を見たり、料理をしたりするだけで、とても充実した時間を過ごせています。彼との時間は、いつもあっという間に過ぎてしまい、もっと一緒にいたいといつも思います。」:20代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女とのデートはいつも新鮮でワクワクします。一緒にいる時は、笑いが絶えず、お互いの存在を深く感じられます。彼女といると、日常のストレスや悩みを忘れられて、本当にリフレッシュできます。一緒にいる時間が楽しくて、彼女ともっとたくさんの思い出を作りたいと思います。」:30代前半、男性

11. 将来の計画を話し合い始める(燃える派)

付き合って1ヶ月が経過すると、一部のカップルでは将来の計画を話し合い始めることがあります。これは、お互いに対する信頼と愛情が深まり、長期的な関係を築く意志が強まっている証拠です。相手との将来について真剣に考え、共通の目標や夢を持ち始めることは、関係をより強固なものにするための大切なステップです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼と付き合って1ヶ月が経ち、私たちは将来のことについて真剣に話し合うようになりました。どこに住みたいか、子どもは欲しいか、どのような生活を送りたいかなど、具体的な話をするようになりました。この話し合いを通じて、私たちの価値観が合っていることを確認でき、関係に対する安心感が増しました。」:30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「最初は軽い気持ちで付き合っていましたが、彼女との時間を重ねるうちに、将来を一緒に考えたいと強く思うようになりました。私たちは共通の趣味を通じて、将来的には一緒にビジネスを立ち上げたいという話もしました。彼女との関係が、ただの恋愛関係を超えて、人生を共に歩むパートナーへと変わりつつあることを実感しました。」:20代後半、男性

12. 相手の趣味や興味を共有したいと思う(燃える派)

付き合って1ヶ月を過ぎると、相手の趣味や興味に自分も積極的に関わりたいと思うようになります。お互いの趣味を理解し、共有することは、関係をより豊かなものにします。相手の世界に入ることで、新たな発見があり、お互いの理解が深まると共に、関係がより一層楽しくなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女は絵を描くのが趣味で、私はそれまで美術にはあまり興味がありませんでした。しかし、彼女の作品を見るうちに、その世界に魅了され、一緒に美術館に行くことが楽しみになりました。彼女の趣味を共有することで、彼女のことをより深く理解できるようになり、二人の関係が新たな次元に進展しました。」:30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼はアウトドアが大好きで、私は元々インドア派でしたが、彼との関係が深まるにつれ、一緒にハイキングやキャンプを楽しむようになりました。彼の趣味を一緒に楽しむことで、彼の新たな一面を見ることができ、私自身も新しい趣味を見つけることができました。この経験は、私たちの関係をより豊かにしました。」:20代後半、女性

13. 小さなサプライズを計画する(燃える派)

付き合って1ヶ月を過ぎると、カップルの中で相手を喜ばせたいという気持ちが強くなることがあります。これは、愛情の深まりを示すもので、相手に対する思いやりや感謝の気持ちを表現する方法として、小さなサプライズを計画することがあります。このような行為は、関係をより強固にし、お互いに対する愛情を再確認するきっかけとなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼の好きなスポーツチームの試合チケットをサプライズで手配しました。彼の驚いた顔と喜びようを見た時、こんなにも彼を幸せにできるんだと実感しました。このサプライズを通じて、お互いの関係がさらに深まり、彼への愛情も一層強くなったと感じます。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女がずっと欲しがっていた本をこっそり買ってプレゼントしました。彼女が本を開いた瞬間の笑顔が忘れられません。小さなサプライズですが、彼女に喜んでもらえたことが嬉しくて、お互いの関係に自信を持つようになりました。このようなちょっとしたことが、二人の絆を強くしていると実感しています。」:30代前半、男性

14. 相手への理解が深まり信頼が増す(燃える派)

付き合って1ヶ月が経つと、相手への理解が深まり、その結果として信頼感も増していきます。共有する時間の中で、相手の本質や価値観、生き方をより深く知ることができ、これは関係を長期的に維持する上で非常に重要な要素です。信頼感の増加は、お互いを尊重し、支え合う関係へと進展する基盤となります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼との日々を過ごす中で、彼がどれだけ信頼できる人かが分かるようになりました。彼は約束を守り、いつも支えてくれるので、自然と彼への信頼感が増していきました。この信頼感は、私たちの関係に安定感をもたらし、どんな時もお互いを信じられるという確信を持つようになりました。」:30代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女との関係が深まるにつれて、彼女の言葉一つ一つに深い意味があることに気づきました。彼女は思いやりがあり、いつも私のことを考えてくれます。彼女への理解が深まることで、彼女を信じ、支えることが自然になりました。これが、私たちの関係をより強固なものにしていると感じています。」:20代後半、男性

15. お互いの関係をさらに強化したいと思う(燃える派)

付き合って1ヶ月が経過すると、カップルの中には、お互いの関係をさらに強化したいと思う気持ちが芽生えます。この時期は、お互いへの理解が深まり、関係をもっと充実させたいという願望が強くなることがあります。これは、単なる恋人関係を超えて、より深い絆で結ばれたパートナーとしての関係を築きたいという思いの現れです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「付き合い始めて1ヶ月が経ち、彼との関係をもっと深めたいと強く感じるようになりました。私たちはお互いの趣味や価値観を尊重し合い、共に成長していきたいと考えています。この関係をさらに強化するために、お互いに対する理解を深め、サポートし合うことを心がけています。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女との関係は初めての経験で、こんなにも深く愛し合えることに驚いています。私たちは常にお互いを思いやり、お互いの夢を応援し合っています。関係をさらに強化するためには、コミュニケーションを大切にし、互いの感情を尊重することが重要だと思います。この強固な絆をこれからも大切にしていきたいです。」:30代前半、男性

16. 毎日連絡を取り合いたくなる(燃える派)

付き合い始めの1ヶ月を超えると、カップルの間で毎日連絡を取り合いたいという願望が強まることがあります。これは、相手への興味が深まり、日々の小さな出来事を共有したいという気持ちの表れです。このように頻繁に連絡を取り合うことは、お互いの日常に密接に関わっていることを意味し、関係の密度を高める効果があります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼とは毎日のように連絡を取り合っています。彼の日常の小さな出来事や感じたことを聞くのが楽しみで、彼からのメッセージを待ち遠しく思います。この毎日のやり取りが、私たちの関係をより親密なものにしています。」:20代中盤、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「彼女とは毎日、朝から晩まで連絡を取り合っています。仕事の合間のちょっとした休憩時間に彼女からのメッセージを見ると、一日が明るくなります。彼女の日々の様子を知ることが、私の日常に彩りを与えてくれています。このように毎日コミュニケーションを取ることで、私たちの絆は日に日に強まっていきます。」:30代前半、男性

まとめ

付き合って1ヶ月のカップルが経験する冷める派と燃える派の様々な局面を通して、恋愛の複雑さと豊かさが明らかになりました。冷める派の体験談からは、日々の関係の中で浮かび上がる問題点や不満に焦点を当て、それらを乗り越えるための努力や葛藤が見えてきます。一方、燃える派の体験談では、関係を強化し、相手との絆を深めるための積極的な試みが描かれています

。これらの体験は、恋愛における成長と発展の可能性を示唆しており、どのカップルも自分たちなりの道を歩んでいることがわかります。恋愛とは、単なる感情の交流ではなく、お互いを深く理解し合い、共に成長する旅なのです。この旅は、時に挑戦的であったり、喜びに満ち溢れていたりするものですが、その全てが恋愛を豊かなものにしているのです。

恋愛
シェアする
トクチラボ