免許を持ってない人の特徴を調べた。持っていない60人意見。車の無い生活の選択とは?

免許を持ってない人の特徴 日常

現代社会では、自動車は便利な移動手段として多くの人に利用されていますが、一方で車を所有し、運転することが必ずしも「便利」や「必要」とは限らない、と考える人々も少なくありません。また、ライフスタイルの変化、例えば在宅勤務の増加や、健康・フィットネスへの関心の高まりによって、自転車や徒歩を主な移動手段とする人々が増えています。さらに、安全性への高い関心や、住環境の制約なども、車を必要としない理由に挙げられます。

車を持たない選択をした人々の実際の声を集めました。これらの体験談を通じて、私たちの移動手段に対する視点が広がり、自分にとって最適な選択を再考する機会になれば幸いです。それぞれの生活環境や価値観に最適な移動手段を見つけることで、生活の質を向上させ、日々のストレスを軽減することができるのです。

【免許を持ってない人の特徴】 20選 60人口コミ体験談+アンケート調査

【免許を持ってない人の特徴】WEBアンケート調査106件のアンケート&口コミ体験談の中から特徴・性格を検証し、コラム+みんなの口コミ体験談60件、アンケートをまとめました。ランキング形式にてピックアップしました。

アンケート 免許を持ってないと社会で損しますか?

免許を持ってないと社会で損しますか?

公共交通機関利用頻度が高い人

公共交通機関を頻繁に利用する人は、自動車の運転免許を持っていない場合が多いです。特に大都市では、バスや電車、地下鉄などのネットワークが発達しており、多くの場所へのアクセスが便利で、車を所有、運転する必要性を感じにくい傾向があります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「通勤に電車が欠かせません。毎日のように使っているので、車がなくても全く不便を感じませんね。むしろ、渋滞や駐車場探しのストレスから解放されています。」:34歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「週末の買い物や友人との遊びにも、地下鉄を利用しています。安全で、天候に左右されず、時間も正確に管理できるので、とても便利だと思います。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「地方から都市部へ来て、公共交通の便の良さに驚きました。学生時代は自転車が主でしたが、今はバスと電車の利用が多いです。移動中も読書やスマホを見ることができ、有効に時間を使えています。」:23歳、男性

都市部に住んでいる人

都市部に住む人々は、公共交通機関のアクセスが良好であるため、車を持っていない、または運転免許を取得していないことが一般的です。また、駐車場の問題や交通渋滞、高い維持費用などが、車を所有しない理由となっています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「都心で生活していると、どこへ行くにも電車やバスがあるので、車は必要ないと感じます。買い物や食事、映画など、すべて徒歩圏内に揃っているのが便利です。」:40歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「仕事で都市部に引っ越してきましたが、車を持たなくても生活に困ることはありません。むしろ、車を持つと駐車場代などのコストがかかり、経済的に大きな負担になると思います。」:36歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子どもの頃から大都市に住んでいて、車の必要性を感じたことがないです。公園や図書館、ショッピングモールなど、公共交通で簡単に行けます。」:27歳、女性

自転車や徒歩での移動を好む人

自転車や徒歩を好む人は、健康や環境への意識が高い傾向にあり、それが車を持たない理由の一つとなっています。特に近距離の移動では、自転車や歩行が非常に効率的で、ストレスフリーな移動手段となっています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「健康のために毎日自転車通勤をしています。新鮮な空気を吸い、身体を動かすことで、一日の活力が湧いてきます。」:44歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家はコンビニやスーパーが近くにあり、徒歩での買い物が主です。歩くことで小さな冒険を感じられ、日々の生活が楽しくなりますね。」:31歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「通学は全て自転車です。学校がそれほど遠くないので、自転車があれば十分です。週末のアルバイトにも、自転車で通っています。」:19歳、男性

環境意識が高い人

環境保護の観点から、車を運転したり所有したりしない人もいます。自動車の排ガスは地球温暖化の一因となっており、公共交通や自転車、徒歩など環境に優しい移動手段を選ぶ人が増えています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「環境保護に貢献したいという思いから、車を持たない生活をしています。エコフレンドリーな生活を心がけ、リサイクルや節水、エネルギーの節約にも努めています。」:53歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「地球温暖化や環境破壊が進む中、一人一人の行動が重要だと感じています。車を使わないことでCO2排出量を減らし、地球に優しい選択をしています。」:30歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子どもたちに美しい地球を残したいと思い、車は持たずに公共交通を利用しています。環境教育も大切にしており、家族でエコ活動に参加することもあります。」:41歳、女性

運転に対して不安を感じる人

運転に対する不安は、多くの人が共感する問題です。交通事故のニュースや自らの過去の経験がトラウマになり、運転を恐れる原因となっています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「幼いころ、家族で出かけた際に大きな交通事故に遭遇し、車の音だけで体が震えるようになりました。大学では心理学を専攻し、自分のトラウマについて深く学んでいますが、運転の恐怖は克服できません。公共交通機関を利用することで、外出時の恐怖を少し和らげています。」:28歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「社会人になってから運転免許を取得しましたが、運転中に緊張して手が震え、何度も路上で立ち往生してしまいます。それ以来、車に触れることすら恐怖で、通勤は全て電車とバスで行っています。周りの人には理解してもらいにくいですが、この不安は本当に心からのものです。」:35歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「夜間の運転が特に苦手で、暗闇の中での移動が不安です。対向車のライトが眩しくて目が開けられないこともしばしば。友人と出かける際は、必ず日中に帰れるように計画しています。」:23歳、女性

経済的な理由で車を所有していない人

車の維持費は、購入費用だけでなく、ガソリン、保険、税金、定期的なメンテナンスなど多額の出費が続きます。これらの経済的負担を避けるために、車を所有しない選択をする人々がいます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「学生ローンの返済で、毎月の収入の大部分がなくなってしまいます。自分で車を購入する余裕は全くなく、公共交通機関を利用したり、友人と相乗りすることで移動しています。」:30歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子育てのためにフルタイムで働いているシングルマザーです。給料の大部分は家賃や子供の教育費に消え、車を持つ余裕はありません。公共交通機関が生活の中心で、時間の管理が欠かせません。」:38歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「仕事はプロジェクトベースのフリーランスで、収入が不安定です。固定費はできる限り抑え、生活費に充てるよう心がけています。車が必要な時はレンタルかカーシェアを利用して、必要な分だけ支払っています。」:27歳、男性

年齢が若い人や高齢者

若者と高齢者の両方が、異なる理由で車を所有しないケースが多いです。若者は経済的な問題、高齢者は運転能力の低下が主な理由とされています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学生ですが、アルバイトの収入でやっとのことで学費を払っています。車を買うどころか、免許を取る余裕もありません。友達との移動は公共交通か、時々親に送迎してもらっています。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「年を取ると体の反応が鈍くなります。夜間の運転は避けるようにし、電車やバスを利用するか、家族に送ってもらうようにしています。自分の運転で事故を起こすリスクを考えると、安全第一で行動することが一番です。」:68歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「運転が好きでしたが、年齢とともに視力と反射神経が落ち、安全運転が難しくなりました。子どもたちも心配してくれ、車を手放す決断をしました。今は公共交通での移動が主ですが、健康のためにも歩くことを心がけています。」:73歳、女性

健康上の理由で運転を避ける人

健康上の問題で運転を制限されるケースもあります。視覚障害、持病、身体的な障害など、様々な理由で運転を避けざるを得ない状況があります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「数年前から夜間盲nessが進行し、夜間の運転が困難になりました。最初はただの老眼かと思っていましたが、医師から運転を控えるよう忠告されました。今は昼間も公共交通機関を利用するようにしています。」:57歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「めまいの発作が突然起こり、いつ倒れるかわかりません。運転中に発作が起きたら、自分だけでなく他の人にも危害を及ぼす可能性があります。だからこそ、私は運転を避け、公共交通機関を利用しています。」:46歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「糖尿病の合併症で足に神経痛があります。長時間の運転は激痛につながり、集中力を欠く原因になります。安全を考え、車の運転は家族に任せ、自分はパッシブな乗客として移動しています。」:50歳、男性

運転する機会が少ない人

運転の必要性が低い、あるいは非日常的な状況でしか車を使わない人もいます。都市部の発達した公共交通網や、遠出の少なさが理由で、運転する機会が極端に少ないのです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「都市部に住んでいて、電車やバスが非常に便利です。車があっても、ほとんど使うことがないので、結局、家族の車を借りることにしています。運転は特別な日か、家族旅行の時だけですね。」:33歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「自転車が主な移動手段です。仕事場も近く、大きな買い物以外は自転車で十分です。車を所有していませんし、運転する機会も年に数回あるかないかです。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「仕事で国を跨いで移動することが多く、長期間家を空けることが多いです。そのため、車を持つ意味がなく、必要な時はレンタカーを利用しています。」:40歳、男性

移動距離が短いため車が不要な人

日常の移動距離が短いため、車を必要としない人々もいます。徒歩や自転車での移動が主で、車を所有していても稼働率が低いことが多いです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「小さな島に住んでいるので、どこへ行くにも歩いて10分から15分あれば着きます。車は必要ないので、持っていません。友人が遊びに来る時は、彼らの車に同乗させてもらっています。」:52歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「学校もアルバイト先も自宅から自転車で20分圏内なので、車を持つ意味が感じられません。友達と出かける時も、みんなで自転車を使っています。」:21歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の住む地域は商店や施設が集まっており、日常生活で車が不要です。週末の小旅行や特別な買い物の時だけカーシェアリングを利用しています。」:36歳、女性

家族や友人との共乗が多い人

単身者や友人、家族との行動を共にすることが多い人は、自身が車を所有する必要を感じにくいものです。共乗によって移動ニーズが賄われ、経済的な負担も軽減されます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「一人っ子で、両親と同居しています。両親が二人とも車を持っているので、私が車を所有する必要性を感じたことがありません。外出時は基本的に親の車に同乗しています。」:27歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人たちとシェアハウスをしていて、一緒に出かけることが多いです。一台の車で足りるので、皆で維持費を分担しています。自分名義の車を持つ予定は今のところありません。」:23歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大家族で、家には常に車が3台以上あります。兄弟が多いので、出かける時はいつも誰かと共乗します。個人的に車を持つ必要がないので、これまで考えたことはありません。」:19歳、女性

過去の交通事故がトラウマになっている人

過去の交通事故体験がトラウマとなり、運転を避けるようになった人も少なくありません。事故による心的傷跡は深く、運転することに強い恐怖を感じるケースがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「10年前、交通事故で大怪我をしました。その記憶が未だに頭を離れず、車の運転が恐怖に感じます。今は公共交通機関を利用するか、友人に運転をお願いしています。」:37歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「高校生の時、友人が運転する車で大きな事故に遭いました。そのトラウマからか、自分で運転することに非常に抵抗があります。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃に体験した交通事故が原因で、長年運転に対して恐怖心を持っています。心理療法も受けていますが、完全には克服できていません。」:42歳、女性

運転に対する興味が薄い人

運転や車に関する情熱がなく、それらをただの移動手段とみなす人がいます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃から車やバイクのおもちゃで遊ぶことはあまりなく、成長してからも運転することに興味を持つことはありませんでした。テクノロジー製品やゲームに夢中になることはあっても、車の新モデルが出るたびに興奮することはないですね。交通事故のニュースを聞くたび、運転することに対する恐怖心が強まる一方です。」:28歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「運転免許を取得することについて、両親や友人からしばしば勧められますが、正直なところ、運転することに魅力を感じません。移動は公共交通機関を利用すれば十分ですし、週末の買い物もオンラインショッピングで済ませることができます。車を所有し、維持するコストを考えると、見合うだけの価値を感じないんです。」:25歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の興味は音楽とアートにあります。週末はコンサートや展示会に出かけることが多いですが、これらの場所は公共交通機関で簡単にアクセスできます。また、自分のクリエイティブなプロジェクトに多くの時間を費やしているため、車を所有して運転する時間や費用を割く余裕がありません。」:32歳、女性

時間的・金銭的な余裕がない人

時間や資金の制約のために、車を所有したり運転免許を取得したりすることができない人々がいます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「フルタイムで働きながら夜間の大学に通っているので、運転免許を取る暇もお金もありません。車を持っていれば便利かもしれませんが、今のところは電車やバスで十分間に合います。運転免許を取るのは、卒業して落ち着いた後でも遅くはないと思っています。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供が三人いるシングルマザーです。子供たちを育てること、仕事、家事に追われていて、自分のことに使える時間はほとんどありません。車があれば便利かもしれませんが、免許を取る費用や車の購入、維持費用を捻出する余裕は全くないですね。」:38歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私はフリーランスで仕事をしていますが、収入は不安定です。仕事がある時はとても忙しく、仕事がない時は収入が減ります。そんな生活では、運転免許を取ったり車を購入したりする計画を立てることが難しいです。現状では、自転車や公共交通機関で必要な移動を済ませています。」:29歳、女性

高度なテクノロジーに頼る生活をしている人

テクノロジーの進歩により、伝統的な運転や車所有の必要性が薄れ、新しいライフスタイルを送る人々がいます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「都市部で生活していると、移動手段は多様化しています。自動運転車、電動スクーター、共有自転車など、テクノロジーを駆使したサービスが充実しているため、個人が車を所有するメリットが薄れてきています。私はこれらのサービスを組み合わせて移動することを楽しんでいます。」:23歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「エコ意識が高い生活を心がけているため、車を所有することは避けています。代わりに、電動バスやカーシェアリングサービスを利用することで、環境への影響を減らしています。多くの場合、これらのサービスはアプリ一つで予約や支払いができ、とても便利です。」:31歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の仕事は完全にリモートワークです。家から出る必要がないため、車を持つ理由がありません。買い物もオンラインで済ませ、食事もデリバリーサービスを利用しています。外出する際は、公共交通機関かタクシーを利用しています。」:35歳、男性

学生で、学校が近距離にある人

学校が近く、車を必要としない学生たちもいます。公共交通機関や自転車、徒歩での通学が可能です。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の大学は自宅から自転車で約15分の場所にあります。朝の通勤ラッシュを避けてサイクリングできるので、非常に便利です。学生の身分では車の維持費を捻出するのが難しいため、自転車は経済的な選択肢です。」:21歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家から高校まで徒歩で通っています。友達とは学校後に図書館やカフェで勉強したり、時には近くのショッピングモールで遊んだりします。これらの場所も全て歩いて行ける距離なので、車は必要ありません。」:18歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「寮に住んでいるため、大学の施設やレストラン、コンビニなどがすぐ近くにあります。また、大学提供のシャトルサービスが市内の主要なスポットに定期的に運行しているため、車がなくても不便を感じることはありません。」:20歳、女性

重い交通渋滞を避けたい人

交通渋滞はストレスの原因となり、時間の無駄です。多くの人が渋滞を避けるために車の利用を控え、代わりの移動手段を選択しています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「通勤時の渋滞は毎日の悩みでしたが、電車に切り替えてからは、読書やポッドキャストを楽しむリラックスした時間が持てるようになりました。車の運転でイライラすることもなく、一日を穏やかに過ごせます。」:34歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私が住んでいる地域は交通渋滞がひどく、短い距離でも長い時間がかかります。自転車に乗り換えてから、健康にも良く、通勤時間も大幅に短縮されました。新鮮な空気を吸いながら、自然を感じることができるのは、車では絶対に味わえない経験です。」:29歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「仕事での移動が主だったのですが、最近はウォーキングやランニングを趣味としていて、できるだけ車を使わないようにしています。健康的な生活を送ることができ、同時に環境にも優しい選択だと感じています。」:43歳、男性

仕事での移動が少ない、または在宅勤務の人

在宅勤務や外出の少ない仕事をしている人にとって、車は不要な存在になりつつあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「在宅勤務が主になってから、車を手放す決断をしました。車がないと不便だと思っていましたが、実際にはオンラインミーティングがほとんどで、車が必要な場面はほとんどありません。」:37歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「フリーランスで家から仕事をしているので、基本的に外出の必要がありません。買い物に関しても、ほとんどがオンラインで完結します。車を持たない生活は、意外とストレスフリーで、経済的にも助かっています。」:30歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の仕事は、主にリモートでのデータ分析です。車を持っていましたが、ほとんど使わなくなったので売却しました。今は公共交通機関を利用していますが、非常に効率的で、これまでの維持費に比べればかなりの節約になっています。」:26歳、女性

安全に対する高い意識を持つ人

交通事故のリスクや運転中の緊張から解放されたいと考える人々がいます。安全への配慮が、車を運転しない理由の一つになっています。

口コミ体験談
口コミ体験談

「過去に交通事故を経験してから、車の運転に対して非常に神経質になってしまいました。公共交通機関を利用することで、そのストレスから解放され、外出が以前よりもずっと楽になりました。」:55歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私は交通ルールを守る運転手でも、他の不注意なドライバーの行動によって危険にさらされることがあります。そのリスクを避けるために、自転車や公共交通機関を利用することを選びました。」:46歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供たちが小さいので、彼らの安全を第一に考えています。交通事故のニュースを見るたびに、自分の家族を車で運転するリスクを取りたくないと強く感じます。だからこそ、安全な交通手段を選択しています。」:38歳、女性

集合住宅に住んでおり、駐車場がない人

駐車場のない集合住宅に住む人々にとって、車を持つことは追加の負担となります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「アパートには駐車場がなく、近くの有料駐車場を利用するのはコストがかかりすぎます。公共交通機関が発達しているので、利用する方が経済的です。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「都市部のマンションに住んでいますが、駐車スペースが限られており、高額な月額料金が必要です。そのため、カーシェアリングサービスを利用するか、電車やバスで移動しています。」:33歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「我が家は家賃を抑えるために駐車場のないアパートを選びました。車がない生活に最初は抵抗がありましたが、徒歩や自転車、公共交通での移動が主になり、予想以上に快適です。健康的で、環境にも優しいと実感しています。」:40歳、男性

まとめ

現代において、車を持たない生活を選択する人々の背景には様々な理由や価値観があります。都市部の公共交通の利便性、環境への配慮、健康的な生活、住環境の制約、経済的な理由、そして安全性への配慮など、その理由は多岐にわたります。それぞれの生活環境や価値観に応じて、車を持つことのメリット・デメリットが変わるため、一概に「車は便利」とは言えないのです。

私たちがこれらの体験談を通じて学べることは、”自分の生活に最適な選択”をすることの大切さです。車を所有することが社会的なステータスや便利さの象徴とされることが多い中、それに縛られず、自分のライフスタイルや価値観に基づいて移動手段を選ぶことが、より豊かな生活を築く鍵となるでしょう。

日常
シェアする
トクチラボ