思いやりがない人育ち16特徴&冷酷に気づいた32人の体験談も紹介!

思いやりがない人育ち 人のタイプ

現代社会において、思いやりのある人間関係は非常に重要です。しかし、多くの人が思いやりがないと perceived されることがあります。思いやりがないとされる人は、どのような家庭環境、教育、しつけ、友人関係、学校、地域、環境で育ったのでしょうか?

ここでは、様々な背景を持つ人々の体験談を通して、思いやりがない人がどのような環境で育ったのかを探ることにします。それぞれの話は、私たちが周囲の人々に対してどのように接するべきか、また、子どもたちにどのような価値観を教えるべきかを考える機会を提供してくれます。

思いやりがない人育ち16特徴 32人口コミ体験談 105人アンケート調査

WEBアンケート調査105件のアンケート&口コミ体験談の中から特徴・心理・性格を検証し、コラム+みんなの口コミ体験談32件、アンケートをまとめました。ランキング形式にてピックアップしました。

アンケート結果

思いやりがないと感じる人に対して、どのような対応が適切だと思いますか?(複数回答可)

思いやりがないと感じる人は、その育ちや環境にどの程度影響されていると思いますか?

1. 家庭内での感情の表現が少ない環境で育った

家庭内で感情の表現が少ないという環境は、子どもが他人の気持ちを理解し、共感する能力を養う上で障害となることがあります。親が自分の感情を抑制し、それが家庭の文化として定着すると、子どももその態度を模倣しやすくなります。結果として、思いやりがないと perceived される人がこのような背景から生まれることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私は、感情をオープンにすることはあまりありませんでした。親はいつも冷静で、自分の感情をあまり見せない人でした。私もその影響を受けて、他人の感情に対して鈍感になり、思いやりがないと言われることがあります。」:30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家族は、感情を表に出すことを避ける傾向がありました。悲しいときも、怒っているときも、家族間ではあまり感情を共有しませんでした。そのため、他人の気持ちを理解することが苦手で、思いやりが足りないと感じられることが多いのです。」:40代後半、女性

2. 親が自己中心的で他者への配慮を教えなかった

自己中心的な親の下で育った子どもは、他者への配慮や思いやりを学ぶ機会が限られることがあります。親が自分自身を最優先し、他人の感情やニーズを顧みない態度を示すと、子どももそれを真似てしまうことが多いのです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の父親は非常に自己中心的な人でした。家族よりも自分のことを優先し、他人の感情には無頓着でした。その影響で、私も他人の気持ちを理解することが難しく、思いやりがないと言われることがあります。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の母は常に自分のことしか考えていない人で、他人への配慮が欠けていました。そのため、私も人の気持ちを考えることが苦手で、思いやりがないと指摘されることが多いです。」:30代中盤、男性

3. 厳格すぎるしつけで感情を抑えることを強いられた

厳格すぎるしつけは、子供に感情を抑制することを強いるため、他人への共感や思いやりが育ちにくい環境を作り出します。子供時代に感情を表現することが許されなかった人は、大人になっても感情のコントロールが難しく、思いやりがないと perceived されることが多いです。

口コミ体験談
口コミ体験談

「非常に厳しい家庭で育ちました。感情を表に出すことは許されず、常に冷静であることが求められました。そのため、他人の気持ちに対する感受性が鈍く、思いやりがないと言われることが多いです。」:40代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「育った環境では、感情を抑えることが美徳とされていました。怒りや悲しみを表現することは許されず、いつも感情を内に秘めることを強いられました。その結果、他人の感情を理解することが苦手で、思いやりがないと感じられがちです。」:30代後半、女性

4. 学校や地域での競争が激しく共感力が育たなかった

競争が激しい学校や地域の環境では、共感力よりも自己の成功や成績を優先する傾向があります。このような環境で育った人は、他者と協力することや感情を共有することに慣れず、思いやりがないと perceived されることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「通っていた学校は競争が非常に激しく、常にトップを目指すことが求められました。そのため、クラスメートとの協力よりも自己の成績を優先することが多く、思いやりがないと言われることがあります。」:20代後半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「育った地域は、常に競争が激しく、他人と協力するよりも自分の成功を優先する文化でした。そのため、他者への共感や思いやりを育てる機会が少なく、大人になってからその影響を感じることがあります。」:40代中盤、女性

5. 親からの愛情や注目が不足していた

愛情や注目が不足した環境で育った子供は、他人への思いやりを学ぶ機会が少ないことがあります。親から十分な愛情や関心を受けられなかった子供は、他者への共感や思いやりを表現することが難しくなる傾向があります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「両親からあまり愛情を感じることができませんでした。親が忙しく、私に対する関心が薄かったため、他人に対する思いやりを学ぶ機会がありませんでした。その結果、大人になっても他人の感情に対して鈍感で、思いやりがないと言われることが多いです。」:30代中盤、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃、親から十分な注目を受けられなかった私は、他人への共感を理解するのが苦手です。親から学ぶべき思いやりの表現が足りなかったため、人間関係で思いやりがないと perceived されることがあります。」:40代前半、女性

6. 友人関係が浅く、深い絆を築く経験が少なかった

友人関係が浅いと、他人との深い絆を築く経験が限られ、思いやりの感覚を育てる機会が減少します。深い人間関係を経験することで、他者への共感や思いやりが養われるため、その欠如は人間関係に影響を与えることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「学生時代、友人関係が浅く、深い絆を築く経験がほとんどありませんでした。そのため、他人の気持ちを理解するのが苦手で、思いやりがないと言われることが多いです。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「子供の頃から友人との関係が浅かった私は、人と深く関わることが苦手です。他人に対する思いやりを学ぶ機会が少なく、他者への共感が不足していると感じることがあります。」:30代前半、男性

7. 親が他人を批判することが多く、その影響を受けた

親が他人を頻繁に批判する環境で育った子供は、他人に対する思いやりを学ぶことが難しくなります。親が他人に対して否定的な態度を示すと、子供もそのような態度を模倣しやすくなり、結果として思いやりがない性格になることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家庭では、親がよく他人を批判していました。そのため、私も他人に対して批判的な目を持つようになり、思いやりを持つことが難しくなりました。他人の欠点ばかりに目が行き、良い面を見ることが少なくなってしまいました。」:40代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「親は、周囲の人を常に批判していました。そんな環境で育った私も、他人に対して否定的な見方をするようになり、人との関わり方に思いやりがないと言われることがあります。他人の良い点を認めることが難しく、自分と違う考えを持つ人に対して容易に否定的な意見を持ちがちです。」:30代前半、男性

8. 物質的に恵まれていて他者への感謝が育たなかった

物質的に恵まれた環境で育った子供は、他人への感謝や思いやりを学ぶ機会が少ないことがあります。何不自由なく育つと、他者への感謝の気持ちや共感を感じることが難しくなり、結果的に思いやりがない人になることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私は非常に裕福な家庭で育ちました。何でも手に入れることができたため、他人への感謝をあまり感じることがありませんでした。他人が苦労していることを理解するのが難しく、自分中心の考え方になりがちです。そのため、思いやりがないと言われることが多いです。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「物質的に恵まれた環境で育った私は、他人への感謝の気持ちをあまり持っていませんでした。自分の欲しいものはいつでも手に入れることができ、他人の助けを必要としない状況でした。その結果、他人への思いやりが欠けていると感じられることがしばしばあります。他人の助けを借りることの価値を理解するのが遅くなり、人間関係においても自己中心的な態度が目立つようになりました。」:30代中盤、男性

9. 学校でのいじめや排除の経験があった

学校でのいじめや排除の経験は、子供の思いやりの感覚に大きな影響を与えることがあります。いじめられた経験がある子供は、他人への信頼を失い、思いやりがない態度を取るようになることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「学生時代にいじめに遭っていました。その経験から、他人を信頼することが難しくなりました。他人に対して防御的な態度を取るようになり、思いやりを示すことが苦手になりました。人との関わり合いで常に警戒心を持ち、他人の感情に対して無関心になることが多くなりました。」:30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「学校での排除の経験は、私の人間関係に大きな影響を与えました。クラスメイトから避けられ、孤立していたことで、他人への思いやりを持つことが難しくなりました。人と深く関わることに恐怖を感じるようになり、自分から他人に対する思いやりを示すことが少なくなりました。」:20代後半、女性

10. 社会的な地位や成績を重視する家庭で育った

社会的な地位や成績を重視する家庭で育った子供は、他人への思いやりよりも自己の成功を優先する傾向があります。このような環境で育った子供は、他者への共感よりも競争や成果を重視することが多く、思いやりがないと perceived されることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家庭では、常に成績や地位が重視されました。親は私に対して、常に最高の成果を求め、他人との競争を促しました。その結果、他人の感情よりも自分の成功を優先するようになり、思いやりを示すことが後回しになることが多くなりました。」:40代前半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「社会的な地位や成績を非常に重要視する家庭で育った私は、他人に対する思いやりをあまり学びませんでした。常に自分の成績や成功を優先し、他人の感情やニーズを考慮することが少なかったです。そのため、大人になってからも、他人の感情に対する共感や思いやりが不足していると感じられることがあります。」:30代後半、男性

11. 親が忙しくて子供との時間が少なかった

親が忙しくて子供と過ごす時間が少ない家庭では、子供は他人に対する思いやりや共感を学ぶ機会が限られることがあります。親子のコミュニケーションが不足すると、子供は他人の感情に対する理解や共感の能力を十分に発達させることが難しくなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の両親はいつも忙しく、私と一緒に過ごす時間がほとんどありませんでした。そのため、他人への思いやりを示すことが苦手になりました。他人の感情やニーズに対する理解が浅く、自分中心の考え方をすることが多くなりました。」:30代中盤、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私が育った家庭では、親が常に仕事で忙しく、家族との時間が限られていました。親から十分な愛情や注意を受けられず、他人に対する共感や思いやりを学ぶ機会が少なかったです。その結果、大人になってからも、他人の感情に対して鈍感で、思いやりがないと perceived されることが多くなりました。」:40代前半、女性

12. ネガティブな感情を表現することが許されなかった

ネガティブな感情を表現することが許されない家庭環境では、子供は自分の感情を適切に処理する方法を学ぶことが難しくなります。感情の表現が抑制されると、子供は他人の感情に対する共感や理解を発達させることが困難になり、結果的に思いやりがない性格になることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家では、怒りや悲しみといった感情を表現することが許されませんでした。そのため、自分の感情を理解し、適切に表現することが難しくなりました。他人の感情に対しても同じように無関心になり、思いやりがないと言われることが多いです。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家では、ネガティブな感情を表に出すことがタブーでした。怒りや不満を表現することが許されず、常にポジティブな態度を保つことが求められました。その結果、他人のネガティブな感情に対しても無感覚になり、思いやりがないと 認識されることがあります。」:30代前半、男性

13. 家族間での会話が少なくコミュニケーション能力が育たなかった

家族間での会話が少ないと、子どもはコミュニケーション能力を十分に発達させることが難しくなります。コミュニケーションの機会が限られると、他者の感情やニーズを理解し、それに応える思いやりの感覚も育ちにくくなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家は、あまりお互いに会話をすることがありませんでした。そのため、他人とのコミュニケーションが苦手で、特に他人の感情を理解することが難しいです。思いやりがないと言われることが多く、人間関係の構築にも苦労しています。」:30代後半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家族との間での会話がほとんどない環境で育ったため、他人とのコミュニケーションをとるのが苦手です。他人の気持ちを読むことが難しく、思いやりがないと認識されることがあります。会話の中で他人の感情を感じ取ることができず、関係が浅くなりがちです。」:40代前半、女性

14. 親が常に正しいと信じ、子供の意見を尊重しなかった

親が常に正しいと信じ、子供の意見を尊重しない家庭では、子どもは自己表現の重要性を学ぶことができません。自分の意見や感情を表現する機会が少ないと、他者への共感や思いやりも育ちにくくなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の育った家では、親が常に正しいとされ、子供の意見はあまり重要視されませんでした。自分の考えを表現する機会が少なく、他人への思いやりを示すことも難しくなりました。他人の意見や感情に対する理解が浅く、思いやりがないと言われることが多いです。」:20代後半、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、親の意見が絶対で、子供の思いや意見はあまり尊重されませんでした。そのため、自分の感情や意見を表現することが苦手で、他人に対する思いやりも足りないと感じられることが多いです。他人の気持ちを汲み取ることが難しく、自己中心的な行動を取ってしまうことがあります。」:30代中盤、男性

15. 自分の欲求を優先することを学んだ

自分の欲求を優先することを学んだ家庭で育った人は、他人のニーズや感情に対して無関心になりがちです。このような環境では、他者への共感や思いやりが育ちにくく、結果的に思いやりがない人になることがあります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家では、自分の欲求を満たすことが最優先されました。そのため、他人の感情やニーズを考慮することがおろそかになり、思いやりがないと言われることが多いです。他人のことよりも自分のことを優先することが習慣になってしまい、共感や思いやりを示すことが苦手です。」:30代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「自分の欲求を優先することが重視される家庭で育ちました。自分のことしか考えない環境で育ったため、他人に対する思いやりを持つのが難しくなりました。他人の感情や状況を考慮することが少なく、自分中心の行動を取ることが多くなりました。」:20代後半、女性

16. 周囲の大人からの適切な指導やアドバイスが不足していた

周囲の大人からの適切な指導やアドバイスが不足している環境で育った人は、他人への共感や思いやりを学ぶ機会が限られます。大人からの適切な指導がないと、子供は他者に対する配慮や思いやりを自然に身につけることが難しくなります。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私が育った環境では、大人からの適切な指導やアドバイスが不足していました。そのため、他人への共感や思いやりを学ぶ機会が少なく、他人の感情やニーズに対する理解が浅いです。思いやりがないと認識されることが多く、人間関係において困難を感じることがあります。」:40代前半、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の周りの大人たちは、私に対してあまり関心を示さず、適切な指導やアドバイスをしてくれることがありませんでした。そのため、他人に対する思いやりや共感の感覚を育てることができず、自己中心的な性格になりました。他人の気持ちを理解することが難しく、思いやりがないと言われることがあります。」:30代後半、女性

まとめ

この一連の体験談を通して、思いやりがない人が育つ背景には多様な要因が関わっていることが明らかになりました。様々な要因が思いやりがない性格の形成に影響を与えていることが理解できます。これらの体験談から、思いやりを育むためには、家庭内での健全なコミュニケーション、感情表現の重要性、そして子供たちに対する適切な指導と愛情が不可欠であることが強調されます。私たちはこれらの体験から学び、より思いやりのある社会を築くための一歩を踏み出すことができます。

人のタイプ
シェアする
トクチラボ