大学を辞める人の特徴とは?私は辞めた60人のリアルな声を集めました。様々な理由とは?

大学を辞める人の特徴 学び

大学を卒業することが多くの人々にとっての夢や目標ですが、実際には様々な理由で大学を途中で辞める人がいます。それらの背後には、さまざまなストーリーや思い、動機が隠れています。

大学を辞める人々の理由と特徴の口コミ体験談を通じて、彼らの真実の声をお届けします。これらの体験談は、他人の生き方や選択を理解する手助けとなり、また、自分自身の進路選択の参考にもなるかと思います。

大学を辞める人の特徴アンケート調査・分析・研究

大学を辞める人の特徴アンケート調査数百件の口コミ体験談からみんなの意見をランキング形式にて60件程度ピックアップしました。

1. 学費の負担が重い – 経済的理由で続けられない人

学費が高くなり、経済的な支援も受けられない場合、学生は大学を続けるのが難しくなる。

口コミ体験談
口コミ体験談

「家計が厳しい中、大学進学を決めました。奨学金も受けていましたが、それでも生活費や教材費が厳しく、途中で大学を辞める決断をしました。就職活動を始め、今は正社員として働いています。」:23歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学に入学した当初は親の支援で何とかやっていましたが、途中で親の収入が減り、学費の支払いが難しくなりました。アルバイトを増やす努力もしましたが、それによって学業に差し支えるようになり、結局大学を辞めました。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「高額な学費のため、最初から通信制の大学を検討していました。しかし、入学してみるとそれでも厳しく、大学を途中でやめて働くことを選びました。今は資格を取るための勉強をしています。」:22歳、男性

2. 就職や起業のチャンスが先に来た – 実践を選ぶ人

大学生活中に素晴らしい仕事の機会やビジネスのチャンスが来た場合、それを優先して学業を中断することも。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学2年生のとき、友人と共にスタートアップを立ち上げました。事業が急成長し、学業との両立が難しくなり、大学を辞めることを決意しました。今はそのスタートアップでフルタイムとして働いています。」:24歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「インターンシップで入った会社から、正式な職を得るチャンスが来ました。自分のキャリアとしてこれは大きなチャンスだと感じ、大学を中退してその会社に入社する道を選びました。」:21歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学在学中にYouTubeチャンネルを始めました。意外と反響が大きく、収益も上がり始めました。その後、フルタイムで動画制作に専念するため、学業を中止しました。」:23歳、男性

3. 専攻に興味を失った – 方向性が変わった人

大学で学んでいる専攻や学問に対する興味や熱意が薄れ、異なる道を追求したいと感じることが理由で辞学することも。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学入学当初は文学部で文学に対する熱意を持っていました。ところが、進むにつれて他の分野への関心が高まり、違う道を選ぶべきだと気づきました。大学を辞め、音楽の道を志すことにしました。現在は音楽学校に通いながら、音楽活動をしています。」:25歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「理工学部に進学し、実験や研究に没頭していました。ですが、3年生の時に社会学の講義を取ったことで、人間関係や社会問題に興味を持つようになりました。結果、大学を辞めて社会学を専攻する大学に再入学しました。」:27歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「経済学部でビジネスの基礎を学んでいましたが、実際のビジネスの現場に魅力を感じるようになりました。大学での学びよりも、現場での経験を重視したいと考え、大学を辞め、アパレルの仕事に飛び込みました。」:23歳、女性

4. 精神的・身体的な健康問題 – 健康を優先する人

身体的な健康の問題や精神的な負担が大きくなり、それが学業に支障をきたす場合、大学を辞める決断を下すことも。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学生活のストレスが原因で、精神的な問題を抱えるようになりました。カウンセリングも受けましたが、状況は改善されず、健康を最優先に考えて大学を辞めました。今は実家でのんびりと過ごしながら、自分のペースで生活しています。」:22歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「体調を崩し、長期間入院することとなりました。復帰後も体調を保つのが難しく、大学のカリキュラムについていくのが困難となりました。そのため、健康を第一に考えて大学を中退しました。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での生活が自分に合わず、不安やうつ症状が出始めました。家族や友人との相談の結果、自分の健康と未来を考え、一度大学を辞めて休養をとることにしました。現在は新しい目標を持ち、再度大学にチャレンジしています。」:24歳、女性

5. 家庭の事情 – 家族を支えるために人

家族の事情や急な変化が生じ、家庭を支える役割が必要となる場合、学業を一時的または永続的に中断する選択をする人もいます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「高校を卒業して地元の大学に進学しました。しかし、2年生のときに父が病気になり、家業を継ぐ決断をしました。一度は大学を辞めましたが、家族の支えと自分の努力で、夜間大学に通いながら家業を支えています。」:26歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の家は農家で、母一人で大学に送ってくれました。ところが、突然の事故で母が亡くなり、家族を支えるために大学を中退しました。今は若手農家として地域で頑張っています。大学の友人たちも応援してくれて、心強いです。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での生活を楽しんでいたのですが、弟が大きな事故に遭いました。家計が厳しくなり、私が働かなければならない状況となりました。心苦しくも大学を中退し、現在はフルタイムの仕事を持ちながら弟のリハビリをサポートしています。」:21歳、女性

6. 学業の成績が振るわない – 学習に苦しんでいる人

大学の試験や課題に対して、思うような成果が出せず、学業のプレッシャーを感じることから、大学を中退することを選択する場面も。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学入学当初から、数学の講義が非常に難しく感じました。試験を受ける度に不安を感じ、再試験も何度も経験しました。友人たちは助けてくれましたが、自分自身の限界を感じ、大学を辞める決断をしました。今は違う分野で学び直しています。」:22歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「私はスポーツ奨学生として大学に入学しました。スポーツでは順調でしたが、勉強がなかなか追いつきませんでした。チームや先生には感謝していますが、学業のプレッシャーに負けて大学を辞めました。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での生活は楽しかったのですが、どうしても専攻の勉強が合わず、試験の度に落ち込む日々でした。何度も再履修を経験し、4年間で卒業が難しいと判断し、一度大学を辞めることにしました。今は留学をして、新たな環境で勉強しています。」:24歳、女性

7. 大学の教育に失望した – 期待外れを感じる人

大学の教育内容や方法が、入学前に抱いていた期待と異なり、期待外れを感じることが原因で中退するケースがある。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学の授業は自分の考えていたものとはかけ離れていて、特に専攻科目の教え方が自分に合わなかった。何度か教授や先輩に相談したが、結局解決の糸口が見えず、違う道を模索することにした。授業は一方的で、疑問を感じたときに質問するスペースが少なかった。」:22歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「文学部を選んだのは、文学に対する深い愛情と興味があったから。しかし、授業の内容が自分の求めていたものとは異なり、興味を持てなくなってしまった。先生とのコミュニケーションも取りにくく、自分には合わないと感じ、退学を決意した。」:19歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「科学技術を学ぶために大学に入学したが、実際の授業は古典的で実用的ではなかった。最新の技術や研究に触れる機会が少なく、実際の業界とのギャップを感じてしまった。」:21歳、男性

8. 社会人としての経験を積みたい – 実践志向の人

大学生活では学ぶことが多いが、実際の社会での経験を優先したいと考え、大学を中退するケースもある。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学生活は楽しいと思っていたが、実際に働いてみると、大学での学びよりも現場での経験が自分には必要だと感じた。インターンシップを経て、社会人としての経験を優先することを決意した。」:20歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「授業やゼミで学ぶことは大切だと思うけれど、自分自身が社会でどう活躍するかを考えたとき、大学での学びよりも実務経験が必要だと考えた。そのため、就職活動を優先し、大学を辞めることを決断した。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学では多くの知識を得られるが、それをどう活用するかは現場で学ぶべきだと思った。早く社会に出て、現実の問題に取り組みたいという強い思いから、大学を中退し、実務に就くことを選んだ。」:21歳、男性

9. 人間関係の問題 – コミュニティに馴染めない人

大学生活は学びの場だけでなく、人間関係の中で成長する場でもある。しかし、コミュニティに馴染めないと感じる学生もおり、それが中退の原因となることもある。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学入学当初からサークルや学部の友人との関係がうまく築けなかった。皆が楽しそうに交流している中で、自分だけ浮いているように感じてしまい、ストレスが積み重なった。学業を続けるモチベーションが失われ、辞める決意を固めた。」:18歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「自分の価値観や考え方が周囲と合わないことを痛感し、日々のコミュニケーションが苦痛になった。孤立してしまい、心身ともに健康を害するようになったので、一度距離を置くことを選択した。」:20歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「サークル活動でのトラブルが原因で、学内での人間関係が悪化。皆と楽しく交流するはずの大学生活が、恐怖と不安でいっぱいになり、もはや続ける理由が見当たらなくなった。」:19歳、男性

10. 地理的な理由 – 遠距離通学が困難な人

大学の立地や自宅との距離が通学に影響を及ぼし、その困難さから中退を選ぶ学生もいる。

口コミ体験談
口コミ体験談

「自宅から大学までの距離が遠く、毎日の通学が2時間以上かかるようになった。電車の遅延や天候の影響で、度々授業に遅刻することが増え、精神的にも肉体的にも疲れが溜まった。」:21歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学選びの際に、立地を十分に考慮せずに入学してしまった。通学時間や移動の疲れが予想以上で、その影響で勉強や部活にも集中できなくなった。結果、近場の大学への転学を考えるようになった。」:20歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家族の転勤が原因で、突然遠距離通学を余儀なくされた。最初は頑張って通学していたが、時間や体力の制約が大きく、続けるのが難しくなった。」:22歳、女性

【人に興味がない女の特徴】口コミ体験談・アンケート調査

【京大に受かる人の特徴】口コミ体験談・アンケート調査

11. 専門学校や他の教育機関への転向 – より専門的な学びを求める人

一般の大学教育よりも専門的な学びを求める学生は、専門学校や他の教育機関への転学を考えることがある。

口コミ体験談
口コミ体験談

「映画制作に特化した技術や知識を学びたいと考え、大学在学中に専門学校のカリキュラムを知り、引き寄せられた。大学の一般的な授業よりも、具体的な技術や手法を学べる専門学校の方が自分に合っていると感じ、転学を決意した。」:23歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「デザインの仕事に就きたいと思って大学に入学したが、もっと実技を中心とした教育を受けたいと考えるようになった。専門学校のカリキュラムを調べ、自分の求める学びがそこにあると確信し、移行を選択した。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での一般教養の授業に疑問を感じ、自分が本当に学びたい分野の深い知識を得るためには専門学校が適していると感じた。現場での即戦力として活躍するための技術や知識を学ぶことに重きを置き、転学を決断した。」:21歳、女性

12. 軍事や宗教の義務 – 義務を果たす人

国や宗教の義務が重くのしかかる場合、大学を中退し、その義務を果たす選択をする学生も存在する。

口コミ体験談
口コミ体験談

「私の出身国では兵役が義務付けられており、大学在学中に呼び出しを受けた。大学を卒業する前に兵役を終えてしまおうと考え、中退して兵役に就いた。」:24歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「家族の信仰している宗教で、一定の年齢になると宣教師としての活動が求められる。自分もその信仰を持っていたため、大学を中退し、宣教師としての活動を始めた。」:19歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「国の状況や家族の事情から、急遽兵役に就くこととなった。大学の授業や友人との交流を楽しんでいたが、家族や国のために自分の役割を果たすことを選択した。」:22歳、男性

13. アカデミックな環境に適応できない – 学術的な世界に馴染めない人

大学の厳格な学問的環境や研究指向が合わず、実践的な職業への道を求める学生がいる。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学入学時、研究を進めるうちに自分には合わないと感じるようになった。教授や先輩との議論を重ねる中で、実践的な仕事をしたいという気持ちが強まり、企業への就職を決意した。大学の学問的なアプローチより、現場での実践を優先したかった。」:22歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「研究を深めることの大切さは理解していたが、自分自身が実際に社会で活躍する姿を描くことができず、研究よりも実務を選んだ。具体的な成果を出せる場所を求めて、大学を中退しました。」:21歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「研究室での生活や学問の世界に馴染めず、日常的なストレスを感じていた。大学の外に広がる現実の世界で、自分の能力を試す場を求めて、企業でのインターンシップを経験。その結果、現場での仕事が合っていると感じ、大学を卒業することなく働き始めた。」:20歳、男性

14. 学部や大学の変更 – より適した場所を求める人

入学当初の選択が自分の興味や適性と合わなかった場合、他の学部や大学への移行を考える学生もいる。

口コミ体験談
口コミ体験談

「入学時に選んだ学部が思っていたものとは異なり、興味を持てなくなった。情報を集め、自分の興味や適性に合った他の大学の学部を知り、転学を決意。新しい環境での学びが非常に刺激的で、前向きに取り組めている。」:19歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学生活の中で新しい興味や趣味を見つけ、それに関連する学部への移行を考えた。大学のカウンセリングを受け、自分に合った学部を見つけるサポートを受けた。新しい学部での生活は、自分の選択が正しかったと感じさせてくれる。」:23歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「入学当初は興味を持って選んだ学部だったが、実際に授業を受けてみると興味が持てなくなった。友人との話し合いや教員とのカウンセリングを経て、他の学部への転学を決断。新しい環境での学びが楽しく、毎日が充実している。」:21歳、女性

15. 早期卒業プログラムの利用 – スピード卒業を選ぶ人

早く実社会へ飛び出し、キャリアをスタートさせたい学生が利用する。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学で学ぶことが楽しい一方で、早く社会に出て仕事を始めたい気持ちが強かった。早期卒業プログラムを知り、すぐに申し込んだ。大学の2年間を経て、無事に卒業を果たし、現在は企業での仕事に没頭している。大学での学びを活かしながら、社会での経験も積んでいる。」:20歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「友人たちとの学びは楽しい時間だったが、実は私には留学する夢があった。早期卒業を目指して、効率よく勉強を進め、2年半で卒業。留学先の国での新しい生活が今、私を待っている。」:21歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での学問には深い興味を持っていたが、独自のビジネスを始めたいという強い思いがあった。早期卒業プログラムに申し込み、1年早く卒業。現在は起業を果たし、毎日が新しい挑戦となっている。」:22歳、男性

16. スポーツ選手としてのキャリア – アスリートの夢を追う人

プロスポーツ選手としての夢を持ち、大学を中退して全力で取り組む学生もいる。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学に入学し、部活動での練習も続けていたが、プロのスカウトがきたことで人生が変わった。大学を辞め、プロの世界での練習に専念している。毎日が厳しいが、夢を追い続けている。」:19歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「高校時代からの夢であったプロバスケットボール選手としてのキャリア。大学でのプレイを経て、プロチームからのオファーを受け、即決で大学を中退。今はプロの舞台で活躍中。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学ではアスリートとしての能力を伸ばすことができたが、国内外でのチャレンジを求めてプロとしてのキャリアを選択。大学を辞め、海外リーグでのプレイを目指して日々練習に励んでいる。」:21歳、男性

17. 文化的・言語的な適応困難 – 異文化環境に馴染めない人

異文化や異言語の環境での生活が困難を感じ、母国への帰国や他の選択をする学生がいる。

口コミ体験談
口コミ体験談

「留学生として日本の大学に入学したが、日常の生活や授業での言語の壁を感じてしまった。友達はできたものの、深いコミュニケーションが取れず、母国へ帰国を決意した。今は母国の大学で学びながら、日本語を再学習している。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「文化的な違いや生活習慣のギャップに戸惑いを感じることが多かった。食事や対人関係、さらには授業の進行の仕方にも適応するのが難しく、結果として大学を中退。現在は専門学校に通っている。」:24歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「留学を夢見て日本の大学に入ったが、思っていたよりも日本語が難しく、授業についていくのが困難だった。サポートを受けつつも、母国の教育制度に慣れていたため、大学を中退し、母国での再スタートを選んだ。」:22歳、女性

18. 個人的な興味や情熱の追求 – 自分の道を行く人

学問ではなく、独自の興味や情熱を追求するために大学を辞める選択をする学生も。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での勉強も興味深いものだったが、実は音楽に対する情熱が強く、バンド活動に専念したいと思い始めた。結果、大学を辞め、音楽の道を本格的に追求。今は都内でライブ活動を展開している。」:21歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「絵を描くことが大好きで、大学在学中にイラストレーターとしての仕事が増えてきた。大学の授業との両立が難しくなり、プロとしての活動を選び、学業を中断。現在は個展も開いている。」:20歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「映画制作に魅せられ、大学での勉強と並行して短編映画を制作。大学のカリキュラムとのバランスが取れなくなり、映画制作に専念するため大学を中退。現在は自主制作の映画を上映している。」:23歳、男性

19. 学問以外の才能や技能の発展 – 別の才能に賭ける人

大学の教育を受けながらも、自身の才能や技能が他方面にあり、その才能を伸ばすために大学を辞めることを選ぶ学生が存在します。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での専攻は経済学でしたが、心の奥では常にダンスが好きだった。大学での勉強とは裏腹に、ダンスの大会で数々の賞を受賞。家族や友人のサポートもあり、プロのダンサーとしての道を選びました。今は海外の舞台で活躍中です。」:25歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「実は幼い頃からマジックが得意で、大学生になってもその技能は消えることはありませんでした。学業とマジック、どちらを選ぶかで悩みましたが、最終的にはマジックに全てをかけることを決意。現在はテレビ出演も果たしています。」:22歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学では心理学を学んでいましたが、同時に写真撮影に夢中になっていました。大学2年生のとき、自分の撮った写真が雑誌に掲載され、それをきっかけにプロのカメラマンを目指すことに。今は有名ブランドの広告写真などを手がけています。」:24歳、男性

20. 社会運動やボランティア活動への参加 – 社会貢献を選ぶ人

学問だけでなく、社会貢献やボランティア活動に情熱を感じ、その道を選ぶ学生がいます。

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学での勉強も楽しかったですが、途上国でのボランティア活動に参加したことで、自分の使命を感じるようになりました。教育や医療の支援活動に身を投じることを決意し、大学を辞めました。今はアフリカで活動を展開しています。」:23歳、女性

口コミ体験談
口コミ体験談

「環境問題に関心を持ち、大学時代には環境保護団体に所属していました。しかし、もっと大きな規模での活動を望み、大学を辞めてNGOに参加。現在は世界各地で環境保護の取り組みを行っています。」:26歳、男性

口コミ体験談
口コミ体験談

「大学では社会学を専攻していましたが、実際に社会の現場で何かを変えたいという気持ちが強くなりました。大学を辞め、児童養護施設でのボランティア活動に専念。今はその経験を生かして、社会福祉の仕事に就いています。」:25歳、女性

まとめ

多くの人々が大学卒業を目指していますが、さまざまな背景や事情により大学を途中で辞めることを選ぶ人も少なくありません。その理由や動機は多岐にわたり、早期卒業の選択やスポーツキャリアの追求、異文化環境の適応困難などが挙げられます。

口コミ体験談を通して、大学を辞める決断を下した人々の生の声や感じた葛藤を知ることができました。彼らの経験は、他人の人生の選択を尊重するきっかけとなり、また、自分の将来の選択の一助ともなるでしょう。

学び
シェアする
トクチラボ